ピン GLIDE4.0 ウェッジ 4種類のソールを比較 試打レビュー

ピン GRIDE4.0ウェッジ シリーズ クラブ

ヘッドがブレずに、ボールが止まるニューウェッジ

最近アイアンやウッドの評価が高いピンから5月13日にGLIDE4.0ウェッジが発売されました。ブレないヘッドと優れたスピン性能を謳っています。最近はどのメーカーのウェッジも複数のソール形状をラインナップしていますが、GLIDE4.0ウェッジのソールは4種類です。スタンダードモデルから、ミスに寛容なモデル、バンカーで使いやすいモデル、などがあり、様々なタイプのゴルファーの要望に応えることができます。

テクノロジー

エメリーブラスト仕上げや、ハイドロパールクローム仕上げによりスピン性能をより高めたフェースになりました。また、エストラマーCTPによりインパクトの振動を抑えてヘッドのブレを抑えています。

ピン GRIDE4.0ウェッジ フェース
ハイドロパールクローム仕上げ
ピン GRIDE4.0ウェッジ バックフェース
真ん中のパーツがエストラマーCTP

4種類のソール形状

Sグラインド

標準的なグラインドソールです。

ピン GRIDE4.0ウェッジ Sシリーズ
バックフェース
ピン GRIDE4.0ウェッジ Sシリーズ
カオ
ピン GRIDE4.0ウェッジ Sシリーズ
オーソドックスな形状
ピン GRIDE4.0ウェッジ Sシリーズ
あまり削られていない

EYE2グラインド

芝からも打てますが、バンカーショットに特化した、ピンならではのグラインドソールです。ソールだけでなく、構えた時のカオも独特です。

ピン GRIDE4.0ウェッジ EYE2シリーズ
バックフェース
ピン GRIDE4.0ウェッジ EYE2シリーズ
カオ
ピン GRIDE4.0ウェッジ EYE2シリーズ
真ん中がへこんでいる
ピン GRIDE4.0ウェッジ EYE2シリーズ
バンカーからの易しさを追求

Wグラインド

4種類の中で最もソール幅が広いです。ソールがすべりやすいため、ダフりに寛容です。バンカーも易しく脱出できます。ショートゲームが苦手なゴルファー向けです。ソールが広い分、ほかの3つのモデルに比べて、芝からフェースを開いたショットは打ちにくいです。

ピン GRIDE4.0ウェッジ Wシリーズ
バックフェース
ピン GRIDE4.0ウェッジ Wシリーズ
カオ
ピン GRIDE4.0ウェッジ Wシリーズ
幅が広いソール
ピン GRIDE4.0ウェッジ Wシリーズ
すべてのロフト角でバウンス角が大きい14度

Tグラインド

トレーディングエッジを大きめに削り、難しいライからフェースを開くなど、様々なテクニックを駆使できるグラインドソールです。プロや上級者向けです。

ピン GRIDE4.0ウェッジ Tシリーズ
バックフェース
ピン GRIDE4.0ウェッジ Tシリーズ
カオ
ピン GRIDE4.0ウェッジ Tシリーズ
幅が狭いソール
ピン GRIDE4.0ウェッジ Tシリーズ
大きな削りでフェースが開きやすい

GLIDE4.0ウェッジ スペック

ヘッドスペック

ピン GRIDE4.0ウェッジ ヘッドスペック

ライ角調整が可能ですが、上記の表のライ角はスタンダードのものです。

標準シャフトラインナップ

ピン GRIDE4.0ウェッジ シャフトラインナップ

GLIDE4.0ウェッジ 試打測定

GLIDE4.0ウェッジの試打測定をしました。モデルはSグラインドでシャフトはダイナミックゴールド、ロフト角は58度でライ角はスタンダードです。飛距離やスピン性能にソール形状はあまり関係ないので、1モデルのみ測定しました。使用した測定器はSKYTRAK(スカイトラック)で使用球はタイトリストのProV1です。

ピン GRIDE4.0ウェッジ スカイトラック
SKYTRAKとProV1
ピン GRIDE4.0ウェッジ ネック
黒の点はライ角がスタンダードを示す
ピン GRIDE4.0ウェッジ シャフト
ダイナミックゴールド
ピン GRIDE4.0ウェッジ グリップ
ラムキン CROSSLINE 1150
ピン GLIDE4.0ウェッジ 測定データ
  飛距離(Y) 打ち出し角(°) バックスピン量(rpm)
1 83.4 31.3 9264
2 83.3 31.3 9746
3 79.9 30.8 9314
4 85.3 31.1 9461
5 78.3 31.4 9387
平均 82.0 31.2 9434

GLIDE4.0ウェッジ レビュー

タイトリストのボーケイシリーズや、キャロウェイのジョーズウェッジなど、スピン性能の高さが支持されているモデル同様、GLIDE4.0ウェッジも、9434rpmというバックスピン量の平均が示している通り、スピン性能が高いです。

どのヘッドもシャープで構えやすく、打感が好印象ですが、おすすめはSグラインドとWグラインドです。どちらもソール幅が広めで、バウンス角が大きい。一方、Tグラインドはソール幅の狭さやバウンス角が6度となっており、一般ゴルファーにとっては難しいヘッドです。Tグラインドはフェースを開くなど技を駆使するゴルファー向けのモデルですが、一般ゴルファーはSグラインドやWグラインドで、できる範囲内の技でコースを攻略することを考えましょう。

ピン GLIDE 4.0 ウェッジ
ピン GRIDE4.0ウェッジ amazon

参考価格:22,000円(税込)