2007年度賞金女王の上田桃子は今季もドローボールで飛ばす

LPGA 日本女子プロゴルフ協会 女子

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

今季36歳の上田桃子

2007年度賞金女王の上田桃子選手。この時の21歳156日での最年少記録は、いまだやぶられていません。上田選手は今季36歳になりますが、まだ第一線で活躍しています。その理由の一つとして挙げられるのが、衰えないドライバーの飛距離です。

そして、上田選手の持ち球といえばドローボール。飛距離と方向を両立させた、質の高いドローボールを武器に、若手台頭著しいツアーで戦っています。

特有の下半身のねばり

ドローボールの優位性は飛距離にあります。フェードボールに比べてアッパーブローで打つのでスピン量を減らしやすくなるためです。

ただ、フェースを返しながらインパクトをするので、タイミングが少しずれると返し過ぎて大きく左に曲がります。それを避けようとするとプッシュアウトが出たりします。

その難点を上田選手は下半身のねばりで解消しています。重心の浮き上がりを抑えて、インパクトゾーンを長くすることで、フェースの返しを抑えながら、ドローボールを打っているのです。フェアウッドでもターフがとれるほど、長いインパクトゾーンです。

下記の記事では上田桃子選手のこれまでの成績を振り返りながら、ドローボールについて書かれています。ご一読ください。

上田桃子の代名詞ドローボールは健在 国内メジャー初優勝に向けた課題とは(SPAIA)
目次
  • 今季36歳になる上田桃子
  • ドローボールでビッグドライブ
  • 鍵はスタミナか
  • 弟弟子から刺激

今季36歳になる上田桃子
2007年シーズンに5勝を挙げ、21歳156日で賞金女王になった上田桃子。この時の最年少記録はまだ破られていない。
2008年から2013年までは、米ツアーを主戦場にしながら日本ツアーにも参戦。この間、日本ツアーで4勝を挙げている。

ゴルフ ゴルファー

なぜフックは飛ぶ?フックの法則を知る