【女子ゴルフ】2021年度プロテスト実施 今年度も起きた波乱

LPGA 日本女子プロゴルフ協会 女子
パットチェーンゲート バナー

21名が合格

11月2日~5日に、京都の城陽カントリークラブで2021年度の女子プロテストが実施されました。今年も高い競争率の中を勝ち抜いた21名が合格。その21名は今後、女子プロ協会正会員としてトーナメントやトーナメント出場資格を得るためのクオリファイングトーナメントに挑戦することができます。

今年度も起きた波乱

女子ゴルフのレベルが上がっただけでなく、プロテスト受験資格が18歳から17歳に引き下げられたことで、よりハイレベルなフィールドになっている女子プロテスト。

今年度も波乱がありました。

すでに女子レギュラーツアーで活躍している髙木優奈選手や、オーガスタ女子アマで優勝し、合格が確実視されていた梶谷翼選手が不合格になったのです。

プロテストに合格していない選手がレギュラーツアーで活躍している理由を含め、今年度のプロテストについて下記の記事でまとめられています。ご一読ください。

【女子ゴルフ】過酷なプロテスト 世界ランキング6位や賞金ランキング56位が合格ならず(SPAIA)
目次
  • 2021年度プロテスト
  • 梶谷翼、髙木優奈が不合格
  • 渋野日向子が一度不合格、稲見萌寧はギリギリ合格
  • ジュニアのレベルが向上 プロテストはよりハイレベルに

2021年度プロテスト
11月2日~5日に京都の城陽カントリークラブで、2021年度の最終プロテストが実施された。晴れて合格となった20位タイまでの21名が、これから日本女子プロゴルフ協会の正会員としてツアーの予選会や、ステップアップツアー、レギュラーツアーに挑戦することが可能になった