良いグリップなくして良いスイングなし

ゴルフ グリップ グリップ

グリップの重要性

ゴルフスイングをより良くしようとする場合、どうしてもスイング(動き)の方に目が行きがちですが、グリップについても、「より良いものがないか」と、探る必要があります。スイング中の各局面について、どれだけ良いイメージを獲得したとしても、グリップによっては、それが不可能になる場合があります。まさに、「良いグリップなくして良いスイングなし」と言えます。

グリップのポイント

グリップは形だけでなく、どの指で握るか、という10本の指の力の使い方も重要です。グリップは、ある程度自由度があるとはいえ、基準はしっかり把握しておきたいところです。下記記事ではグリップについて解説しています。ご覧ください。

【ゴルフ】良いグリップなくして良いスイングなし 正しいグリップの仕方とは(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)
目次
  • 良いスイングのためには良いグリップが必要
  • グリップの形

 ・グリップの種類
 ・基本的な形

  • 形以外の重要なポイント

 ・左手の小指、くすり指、中指でクラブを支える
 ・多くのゴルファーは人差し指や親指に力が入る傾向

  • 自宅でもできるグリップの練習

良いスイングのためには良いグリップが必要
「良いグリップ無くして良いスイング無し」といっても過言ではないぐらいグリップは重要。しかし、多くのゴルファーはグリップを軽視する傾向にあるようだ。ゴルフを始めた頃、誰かからざっと教わって以降気にしたことがない、というゴルファーも少なくないのではないだろうか。

グリップ関連記事はこちら