テーラーメイド ゴルフボール TP5とTP5xを試打比較レビュー

テーラーメイドゴルフボールtp5とtp5x ゴルフ用品

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

テーラーメイドのボールを使ったことはありますか?世界的に見てボールメーカーとして最も認知度が高いブランドがタイトリスト。タイトリストのProV1は多くのプロや上級者に愛用されているボールです。そして、そのProV1の開発者ディーン・スネルはテーラーメイドにヘッドハントされてボール開発に携わっていました(今はスネルゴルフという独自のブランド「スネルゴルフ」を設立しています。なんでも、スネルは40もの取得済み特許に名を連ねているとか)。

そのように有能な開発者を招聘するなど、ボール開発にも力を入れているテーラーメイド。リッキー・ファウラー選手がボール契約をタイトリストからテーラーメイドに変えた時は話題を集めましたね。テーラーメイドが自信を持って世に送り出している「TP5/TP5x」を紹介します。そして、試打しましたのでレビューします。

ボール TP5 TP5x

5層構造とHFM

テーラーメイド独自の5層。スピン性能を損なわず、最大キャリーを実現する「トライファストコア」や柔らかさを特徴とする「ソフトキャストウレタンカバー」を搭載しています。

新たに開発された、従来よりも30%高弾性な素材「HFM:HIGH FLEX MODULUS」が、初速アップに効果を発揮するようです。5層の内の4層目に採用されています。

「TP5とTP5xの違い」と「ProV1とProV1xの違い」は同じ?

テーラーメイドゴルフボールTP5
テーラーメイドゴルフボールTP5x

※数字が黒文字がTP5で赤文字がTP5xです。

「x(エックス)」がつかないモデルとつくモデルがあるものでいうと「ProV1」シリーズが挙げられると思います。xの有無の特徴が「TP5シリーズ」と「ProV1シリーズ」でどう違うのか、公式ページにあるスペックを参考に比べてみます。

タイトリストの公式ページには「ProV1」と「ProV1x」の違いに関する説明があるので引用します。

「プロV1」は、「プロV1x」と比べて打感がよりソフトで、ロングゲームでのスピンがやや多いのが特徴。風に負けない強い中弾道で落ち際の角度が浅く、より長いランをもたらします。「プロV1x」は、「プロV1」と比べてやや硬めの打感でロングゲームでのスピン量が少なく、高い打ち出しにより理想的な高い弾道を実現します。

テーラーメイド「TP5」と「TP5x」の性能の違い
TP5 TP5x
構造 5層構造 5層構造
初速 速い 速い
カバー HFM HFM
弾道 中/高弾道 高弾道
打感 よりソフト ソフト
アイアンスピン 普通 少なめ
ウェッジスピン かなり多い 多い
タイトリスト「ProV1」と「ProV1x」の性能の違い
ProV1 ProV1x
ショートゲームコントロール 最適 最適
飛距離性能 優れている かなり優れている
打感 かなり柔らかい 柔らかい
ドライバースピン量 やや少ない 少ない
弾道 中弾道 中/高弾道

表現の差はありますが、公式ページによるxの有無による違いは同じ傾向と見て良さそうです。

TP5 TP5x 比較

TP5とTP5xを試打したので比較します。使用した測定器はSKYTRAK(スカイトラック)でサンドウェッジ(56度)と7番アイアンをそれぞれ5球ずつ測定しました。

TP5とTP5xをスカイトラックで弾道測定

測定データ

TP5 SW 測定データ
キャリー距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 83.0 -0.3 9263 30.9
2 77.3 -1.6 9177 26.3
3 84.9 -6.7 9743 29.0
4 81.7 -3.3 8657 31.5
5 85.2 -0.7 9475 30.7
平均 82.4 9263 29.7
TP5x SW 測定データ
キャリー距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 83.7 -4.6 8821 30.1
2 88.3 -10.6 8752 29.6
3 82.4 -1.4 8631 31.7
4 84.7 -1.1 9054 29.2
5 82.7 -3.7 8757 31.6
平均 84.4 8803 30.4
TP5 7番アイアン 測定データ
キャリー距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 140.8 3.2 6628 19.6
2 138.2 3.9 6926 18.9
3 136.5 -3.1 6264 19.9
4 138.2 -4.0 6568 17.9
5 141.2 5.7 6797 19.3
平均 139.0 6637 19.1
TP5x 7番アイアン 測定データ
キャリー距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 145.4 -9.7 5500 19.5
2 138.1 -5.3 5691 20.3
3 141.7 -1.6 5275 21.0
4 141.2 -1.6 5344 21.7
5 142.3 -1.6 5282 21.3
平均 141.7 5418 20.8

※「左右ブレ」の平均は算出していません。+5(5ヤード右)と-5(5ヤード左)の平均が0(まっすぐ)となってしまうので。

SW・7番アイアン 平均比較とレビュー

SW 平均比較
キャリー距離(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
TP5 82.4 9263 29.7
TP5x 84.4 8803 30.4
7番アイアン 平均比較
キャリー距離(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
TP5 139.0 6637 19.1
TP5x 141.7 5418 20.8

TP5xはTP5に比べて高打ち出し&低スピンのボールと言えそうです。TP5ではSWの時の5球平均で30.0°を切る結果になりましたが、これはヒール寄りに当たった26.3°のショットが影響してのもので、SWでの打ち出し角の差は無かったといえます。

しかしながら、それ以外の項目を見るとTP5xはTP5に比べて高打ち出し&低スピンと言えそうです。その低スピンが影響してキャリー距離も高いものになったと推察できます。今回、ドライバーでは試しませんでしたが、ドライバーでも同じような傾向が見られそうです。

まとめ

打感に関しては、人によって感じ方が違うようですが、筆者は公式ページ通りに、TP5の方がTP5xよりも柔らかく感じました。測定データを見る限りは「TP5:スピン性能重視」「TP5x:飛距離性能重視」と言えそうです。筆者が使うならTP5xでしょうか。中身はそのままで、ボール表面に「クリアパスアライメント」が加わえられたTP5 PixとTP5x Pixも合わせて検討してみてはどうでしょうか。すでにマークダウンされていて値下げされているのでお買い得です。

クリアパスアライメント:目標に向かって正しくリプレースされていればラインが浮かび上がる。オレンジや黒で構成された「マルチハイカラーコントラスト」デザインにより、視覚的なアライメント効果を発揮する
TP5
テーラーメイドTP5ボール

参考価格:3,960円(税込)

TP5x
テーラーメイドゴルフボールTP5x

参考価格:3,960円(税込)

TP5Pix
テーラーメイドゴルフボールTP5pix

参考価格:4,469円(税込)

TP5xPix
テーラーメイドゴルフボールTP5xPix

参考価格:6,237円(税込)