ゴルフレーザー距離測定器 ニコン COOL SHOT

ジャパンゴルフフェア ニコン COOLSHOT ゴルフ用品

2019年から公式競技でも距離測定器の使用が認められるようになりました。それにともない、距離測定器への注目度が増してきています。

距離測定器は「レーザー式」と「GPS式」があります。

おおまかに言うと「レーザー式」は距離測定の精度が高い分高価格で、「GPS式」は使いやすくリーズナブルな分、「レーザー式」に比べると、距離測定の精度が劣る、とう特徴があります。

今回は「レーザー式」のニコン COOL SHOT を紹介します。

上の写真はジャパンゴルフフェア2019で展示されていた同商品です。

ニコン COOL SHOT

「高低差対応モデル」と「直線距離専用モデル」があります。

テクノロジー

手ブレ補正機能付き(STABILIZED)

「PRO STABILIZED モデル」のみ手ブレを約80%低減する手ブレ補正機能が搭載されています。

新「LOCKED ON」機能付き

ピンフラッグの距離を測定すると、ファインダー内に緑色のサインが点灯し、ピンフラッグが測れたことがひと目で分かります。

重なり合った目標物の距離を間違えることなく測定できるので、ピンフラッグか奥の林かわかりにくいシーンでも安心です。

ID TECHNOLOGY

「PRO STABILIZED モデル」「40i モデル」では、”打ち上げ”や”打ち下ろし”などコースの勾配を読み取り、目安になる打つべき距離を表示する機能が搭載されています。

磨きぬかれた測距テクノロジー

プロゴルファーの厳しい要求に応えるために、確かな測定精度を実現させています。

他にもレスポンスの速さや、使いやすさを追求した形状や素材など、プロ上級者も満足できる様々なテクノロジーが搭載されています。

コースでの活用法

ターゲットまでの距離を知る

メインとなる使用法です。ピンだけでなく、ティーショットで目印になる木までの距離を測定したりします。

次のショットの地点まで行ったとき、そのショットが「何ヤード飛んだか」を知ることができます。

ハザードまでの距離を知る

バンカーや池などのハザードまでの距離を測定し、より質の高いコースマネージメントを可能にします。

アプローチで正確な距離を知る

アプローチでは残り距離を目測で把握しようとしがちですが、その場合、錯覚などにより残り距離を誤って把握してしまいやすくなります。

距離計を使うことで、残り距離を誤るリスクを回避することができます。

練習場で活用する

ゴルフコースだけでなく、ゴルフ練習場でも使うことができます。コース球を使っている練習場では、ターゲットまでの距離を測定しながら練習することで、各番手の飛距離を正確に把握することができます。

精度重視ならレーザー式

コースでも練習場でも正確な距離を測定することは、スコアメークだけでなく上達にもつながります。

「この当たりで〇〇〇ヤード」という、体験を繰り返すことで、ゴルフ脳を鍛えることにつながります。

そんなに買い替えるものでも無いので、精度を重要視するのであれば「GPS式」ではなく「レーザー式」のCOOL SHOTを検討してみても良いでしょう。

また、「使いやすさの点ではGPS式に軍配」という評価がありましたが、「レーザー式」も使いやすくなってきています。

ジャパンゴルフフェア2019で「COOL SHOT PRO STABILIZED」を手に取り試してみてそう感じました。

NIKON COOL SHOT PRO STABILIZED
ニコン coolshot stabilized

参考価格:48,600円(税込)

☆高低差の無いものなど、これより低価格なモデルもあります