薄暮9ホールプレープランを利用して効率よく上達する

ザ・インペリアルカントリークラブ コースラウンド

ゴルフでプレーするホール数といえば『18ホール』ですよね!?しかし、その18ホールプレーに縛られ過ぎてしまうと損をしてしまいますよ。

多くのゴルフ場には18ホールだけでなく9ホールプレーのプランも用意されています。18ホールプレーの1組目がスタートする前に9ホールプレーする『早朝9ホール』や、18ホールプレーの最終組がスタートした後に9ホールプレーする『薄暮9ホール』です。

ひたすら楽しむだけならそれは18ホールプレーした方が良いかもしれませんが、費用を抑えつつ効率よく上達することを考えた場合は、9ホールプレーがおすすめです!

『18ホールプレー』と『9ホールプレー』のプレー代

18ホールと9ホールのそれぞれのプレー代の相場はざっと下記のような感じになります。※もちろん、低価格ゴルフ場と高価格ゴルフ場の差は大きいので、下記料金以下のゴルフ場も下記料金以上のゴルフ場もあります。

18ホール

平日

  • 5,000円~15,000円

都心や、各県主要都市部から離れるほど、最寄インターチェンジから離れるほど、安くなります。3,500円程度(昼食込)でプレーできるゴルフ場もあります。都内で練習場に行くより安い……

逆に、名門と言われるゴルフ場の中には平日でも40,000円程度するゴルフ場もあります。

土日祝

  • 8,000円~25,000円

平日の2倍近くするゴルフ場がほとんどです。50,000円程度するゴルフ場もあります。50,000円って……

9ホール

プレーするホール数が半分になるからといって、料金もきっちり半分、というわけではありません。半分以下でプレーできるゴルフ場もあります。

平日

  • 3,000円~7,000円

土日祝

  • 5,000円~11,000円

プレー料金に関するまとめ

18ホールプレー料金が高いゴルフ場ほど、9ホールプレーの割引率が高くなる傾向です。例えば18ホールプレーが5,000円のゴルフ場は、9ホールプレーが3,000円程度であるのに対し、18ホールプレーが15,000円のゴルフ場は、9ホールプレーが7,000円程度、といった設定になっているゴルフ場が多いようです(2018年9月現在)。

9ホールプレーでもコース付帯練習場が使える

普段、18ホールプレー前にドライビングレンジやパッティンググリーンで練習をすると思いますが、この付帯練習場を使うことは、9ホールプレーでもできます。

早朝9ホールプレーを終えてから、プレー内容を省みながら練習したり、薄暮9ホールプレーのテーマを決めるようにプレー前に練習したりすることができます。

ドライビングレンジを使う場合は、ほとんどのゴルフ場は有料ですが、パッティンググリーンやアプローチ練習場は無料で使うことができます。

上達の為にはこのシステムを使わない手はありません!アプローチ練習場が充実しているゴルフ場だと尚更です。

『午前中3時間練習して午後14時ぐらいから9ホールプレー』といったスケジュールを組めると、上達しやすくなります。

お得感がある9ホールプレー

「せっかく遠路はるばるゴルフ場まで来たのだから18ホールプレーしたい」と思うものでしょう。しかし、9ホールプレーで料金を抑えながらも、練習施設をうまく使うことができれば、お得に密度の濃いゴルフライフを過ごせるのではないでしょうか。

また、ゴルフをはじめて間もない初心者ゴルファーは、18ホールプレーデビューの前の準備という観点で、9ホールプレーを経験すると良いと思います。

『ゴルフ=18ホール』という概念に縛られず、素敵なゴルフライフを過ごしたいものですね。

 

Let’s Enjoy Golf!