バックスピンをかけるために重要なのはクラブとボール

ゴルフ ボール スイング

「バックスピンをかけたい」とバックスピンに憧れているゴルファーは多いのではないでしょうか。バックスピンは時別なスペシャルテクニック、といったイメージがある人も多いと思いますが、原則、ヘッドスピードと、ウェッジとボールのスピン性能がそれなりにあり、ウェッジでボールをうまくとらえることができれば、バックスピンがかかります。

つまり特別な技術は必要ないんです

50ヤード以内でバックスピンをかけるのであれば、特別な応用的な技術が必要ですが、多くの人がイメージしているシーンは、プロが試合で見せるギュギュギュ~ッ、といったスピンだと思います。そのシーンは80ヤード以上あるシーンがほとんどだと思います。80ヤードというとサンドウェッジでフルスイングに近い大きさでスイングします。よって、ヘッドスピードが出るため、特別なことをしなくても、クラブヘッドがボールに正しくコンタクトすればバックスピンがかかるのです。

10000回転/秒のスピン量が必要

距離に関係なく、どのクラブでショットしてもボールに逆回転はかかります。それがバックスピン量です。このバックスピン量が10000回転/秒を超えれば、グリーン上でボールが逆に戻るバックスピンになります。

知らないで飛距離アップしてもそれはきっと幻!飛距離3大要素

ハンドファーストインパクト、ダウンブロー、フェースターン、ヘッドスピードが必要

”バックスピン”というと、クラブヘッドをボールに対して上から打ち込むダウンブロー、ダウンブロー、と思っている人が多いと思いますが、ハンドファーストインパクト、フェースターンのすべてが必要になります。ダウンブローの意識が強すぎると、インパクトで左手首を甲側に(右手首を右手の平側に)折ってしまいやすくなります。左手首を甲側に折った状態でインパクトしてしまうとフェースとボールの摩擦を起こすことができません。

又、スピン性能のあるウェッジとボールを使い、どれだけ質の高いインパクトを迎えても、ヘッドスピードが無いとバックスピンはかかりません。よって一般的な女性は厳しいことになります。

グリーンコンディションも影響

ある程度、グリーンが柔らかくないとバックスピンはかかりません。グリーンが硬いと、どれだけバックスピン量が多いショットを打つことができても、ボールがグリーンに着弾した時、スピンがほどけてしまうんです。

グリーンの速さは、バックスピンがかかるかからないにはさほど影響しませんが、グリーンの硬さは大きく影響します。

バックスピン is エンターテイメント

グリーン上でボールを止めて、更には戻す!ゴルフのエンターテイメントの内の1つです。ピンをオーバーしたショットがギュギュギュ~ッ、と、バックスピンで戻ったらカッコいいですよね。

ベースとなるスイングの質を上げていければ、自然とスピン量が増えるので、バックスピンに憧れている人は、特別なことをせず、愚直にスイングの質を上げられるよう練習してください

「片手打ち練習」「プレショットルーティーン」「バックスピン」ROBOT&LASERBEAM(ロボ・レーザービーム)第3巻

なぜスライスは飛ばない?スライスの法則を知る