世界メジャー制覇へ!ゴルフ始めて7年目で日本女子オープン制覇した畑岡奈紗選手

USLPGAロゴ 海外ツアー

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

2017年からUSLPGAを舞台に活躍している畑岡奈紗選手。2018年6月のウォルマートNWアーカンソー選手権でUSLPGAツアー初優勝を遂げました。19歳でのアメリカツアー初優勝は日本人史上最年少です。

絶好調で迎えたメジャー大会『KPMG女子PGA選手権』では最終日8アンダーでプレーし、プレーオフへ。惜しくもプレーオフで敗れ2位となりましたが、メジャー制覇が近いところにある事が証明されました。

11歳からゴルフを始め、17歳で日本女子オープン優勝

畑岡奈紗選手がゴルフを始めたのは11歳の時です。ゴルフ練習場に勤務していたお母さんの影響で始めたそうです。中学時代はゴルフをしながらも陸上競技大会で県大会入賞の経験を持ちます。畑岡選手の強靭な下半身を見れば、それも納得ですね!?

中学、高校と順調にゴルフの腕前を磨いていきますが、2014年の日本ジュニアゴルフ選手権では、勝みなみに6打差を逆転されるなど悔しい経験もしていきます。日本ジュニアゴルフ選手権や日本女子アマチュアゴルフ選手権などの、大きなアマチュアのタイトルは意外にありません。

そして、もって生まれた才能と、悔しさをバネにした努力が、17歳で一気に花開きます。アマチュアで日本女子オープンを制したのです。

ゴルフを始めて7年目での国内メジャー制覇。奈紗ハンパねぇ、です。

2017年はアメリカを主戦場にしながらも、国内に戻った時は2週連続優勝!

アマチュアで日本女子オープンを制した翌年からUSLPGAを主戦場にします。そして、国内に戻ってツアーに参戦していた時は、2週連続優勝を果たします。2週目の優勝は、日本女子オープンで、日本女子オープン2連覇という快挙を果たします。

今後どれだけ快挙を達成するのでしょう!

爆発力がすごい!

アマチュアで優勝した日本女子オープンは1打差でしたが、翌年の日本女子オープンゴルフ選手権は8打差、その前週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントでは4打差、ウォルマートNWアーカンソー選手権では6打差と勝つ時は圧勝しています。プレーオフで敗れましたが、『KPMG女子PGA選手権』では最終日8アンダーでプレーしています。

はまったら手が付けられないぐらいの爆発力が強みと言えるのではないでしょうか。

宮里藍さんが果たせなかった世界メジャー制覇へ!

宮里藍サントリーレディースオープンゴルフ

出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/828909

世界メジャー制覇はきっと達成してくれるでしょう!畑岡選手は昨年引退した宮里藍さんに憧れ、目標としています。その宮里藍さんが果たせなかったメジャー制覇、さらには宮里藍さんがメジャーの中でも最も勝ちたかった全米女子オープン制覇に向けてひた走ってもらいたいですね!?