インパクトの瞬間、ズルッ!インパクトでグリップがずれる理由

ゴルフ グリップ グリップ

特に初心者から「インパクトの瞬間グリップがずれてしまう」という声をよく聞きます。しかし、グリップがずれてしまうのは、グリップする力が弱いからではないんです。

グリップが間違っているという事は考えれらますが、正しいグリップをしていてもインパクトの瞬間グリップがずれることがあります。グリップがずれる理由として最も考えられるのはインパクトでフェースの芯からずれたポイントでのボールヒット、です。

グリップが間違っていてインパクト時にグリップがずれることより、インパクト時の打点のずれでグリップがずれることのの方が確率的には高いということです。形も強さも、正しいグリップをしていてもずれる場合があるのです。

グリッププレッシャー

 グリッププレッシャーはインパクト時必ず強くなる

グリッププレッシャーを弱くして、インパクト時グリップがずれると「弱く握りすぎてずれたからインパクト時グリップがずれてミスに繋がった」と感じやすくなります。

しかし、アドレス時の弱いグリッププレッシャーのままインパクトを迎えることはありえません。たとえば、仮にグリップをゆるゆるに握り、その強さのまま軽く練習場のマットを叩いてみてください。クラブヘッドがマットに当たる瞬間、自然とグリッププレッシャーが強まるはずです。手に負荷がかかった時、筋反射でグリッププレッシャーは強まるように人間の体はできています。よって、グリッププレッシャーを抑えてグリップしても、インパクトの瞬間はグリッププレッシャーが強まる、と言えます。

グリッププレッシャーが強くなっているのにインパクトでグリップがずれる、ということは、グリップの弱さが問題でインパクトでグリップがずれたのではなく、ミスヒットしたことによりインパクトの衝撃をクラブが受け止めきれず、クラブが暴れたことによりグリップがずれた、のです。

強く握り過ぎると、手に意識が持っていかれて、体と腕がシンクロしにくい。肘がロックすると、手首がゆるみこねやすくなる

強く握り過ぎると、俗にいう「手打ち」になりやすくなります。

なぜ手打ちが良くないかというと、クラブ、腕、体幹を連動させにくく、体の力をボールに伝えにくくなるということが挙げられます。又、再現性が高まりにくいということと、手首をこねて、ボールを的確にヒットしにくくなる、ということも挙げられます。

よく、手打ちOKと言われることがありますが、それは体主動のスイングができている人にあてはまるものです。体が動きすぎているからもっと手を使う、というのも安易すぎます。振り遅れてるからもっと手を早く振る、なんて言語道断です。どのように体の動きをコントロールすれば振り遅れないか、を探り当てる必要があります。

あくまで、手は補助的な役割という認識を持つと良いでしょう。

どんなに正しいグリップで、適正なグリッププレッシャーでも、ミスヒットするとインパクトでグリップはずれる

インパクトでヒールやトゥに打点がずれると、インパクトの衝撃でグリップがずれます。これが、弱く握り過ぎていてグリップがずれてミスショットしたと勘違いする原因です。どんなに正しいグリップでも打点がずれると少なからずグリップはずれます。これは、そういうものとして理解するしかありません。

グリップのずれを抑えるべく、腕力でグリップを押さえつけてフェースの向きがずれないようにしよう、という気持ちも理解できますが、それは、先に述べたような、あらゆるスイングのエラーに繋がるので避けましょう。

繰り返しになりますが、グリップがずれたからミスするのではなく、ミスしたからグリップがずれるのです。グリップがずれるタイミングと、インパクトの瞬間の順番を逆に感じてしまいやすいので注意しましょう

グリップの重要なポイントについては、下記の記事、動画を参考にしてください。

ゴルフグリップ

初心者ゴルファー必読!グリップの基本