シャフトにかかる力を可視化するクラブフィッティングシステム「SLAP」

SLAPの画面 ゴルフライフ

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

シャフトにかかる力を可視化

科学的に自分に合うクラブを知ることができる、クラブフィッティングシステム「SLAP」の紹介です。SLAPは、シャフトに取り付けられたセンサーが、スイング中のシャフトにかかる負荷を測定し可視化するシステムです。

さらに、その測定結果によって、フィットするシャフトを提示します。世の中にあるシャフトの量は膨大ですが、SLAPのシステムにシャフトのデータを加えるアップデートを繰り返しながら、より合うクラブ(シャフト)が分かるようになっています。

SLAP本体
SLAPのセンサー

縦方向と横方向の力のかかり方を測定

SLAPで測定をすると、2つのデータが出力されます。1つ目がシャフトの縦方向にかける力、2つ目が横方向の力です。縦方向とは剣道のように体に対して上下にかける力のこと。横方向とは体に対して左右にかける力のことです。

SLAPの画面
縦方向の力と横方向の力

基準を知ることが大切

スイングだけでなく、クラブ選びにおいても基準を知ることは大切です。基準を把握した上で、弾道、感覚にフィットするか、ヘッドの性能や打ちたい球筋との兼ね合い、といった部分などを加えて総合的に判断することで、合う1本にたどりつきやすくなります。

クラブフィッティングは弾道測定によるフィッティングが主流ですが、数球の試打による弾道測定結果は“たまたま”かもしれません。また、弾道測定結果をもとにしたフィッティングは、フィッターの見解の違いが大きくなることがあります。

スイング中のクラブにかけている力の情報が加わることで、フィッターの見解の違いが小さくなり、フィッターが提案するクラブが、よりゴルファーを喜ばせることにつながるのではないでしょうか。

SLAPの解説

SLAPのカタログはこちら