本格復帰間近か タイガー・ウッズの左右両脚に刻まれてる2つの想い

タイガーウッズ 海外ツアー
パットチェーンゲート バナー

昨年2月の交通事故で重傷を負い、長期休養とリハビリ中だったタイガー・ウッズが、今年4月マスターズ出場の可能性も浮上するなど、米ツアー復帰に近づいています。昨年12月18日~19日に開催されたツアー外のPNC選手権では、息子チャーリー君と出場。右脚をかばいながらではあるものの、タイガーらしいスイングとショットを披露しました。

今回のPNC選手権での復帰は、タイガーの右脚の回復具合的には時期尚早と言えなくもありませんでした。それはタイガー本人が十分に感じていたことでしょう。

そんな中出場に踏み切った理由は何か。「私はチャーリーのコーチではない。父親だ」と語っていたことや、これまでのタイガーの歴史を振り返った時、その答えが見えてきます。

タイガー・ウッズがタイガー・ウッズたらしめるものについて、下記の記事で書かれています。ご一読ください。

タイガー・ウッズの両脚に刻まれている2つの想い
目次
  • 息子チャーリーとPNC選手権に出場
  • 大会後左膝再手術 2008年全米オープンの死闘
  • 勝利数よりも眼前の一試合

息子チャーリーとPNC選手権に出場
2021年2月の交通事故によりツアーからの離脱を余儀なくされたタイガー・ウッズ。ただ、重傷を負った右脚は順調に回復しているようにも見え、4月のマスターズに出場する可能性も浮上している。