歴史的快挙へ 松山英樹と中島啓太がマスターズで2つのトロフィー独占へ挑む

マスターズ ロゴ 海外ツアー

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

4月7日マスターズ開幕

今年もマスターズの季節がやってきました。昨年の松山英樹悲願の初のメジャー制覇から一年、今年はジャック・ニクラウス、ニック・ファルド、タイガー・ウッズに次ぐ、史上4人目のマスターズ連覇がかかります。

今季はZOZOチャンピオンシップ、ソニーオープンインハワイとすでに2勝を挙げており、フェデックスカップランキングは4位と好調です。世界ランキングも12位まで上がってきています。

しかし、3月のプレイヤーズチャンピオンシップの初日のスタート前に首痛で棄権。練習を再開したのが3月20日を過ぎてからで、3月31日から開催されてるマスターズ前週のバレロテキサスオープンでは2日目の途中で棄権となりました。

万全の状態とはほど遠い状態でオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに乗り込むことになります。どういったプレーを見せてくれるのか、という以前に4日間プレーできるのか、という状態のようです。

マスターズ・トーナメント

ローアマを狙う中島啓太

2011年の松山以来のローアマを狙う中島啓太。世界アマチュアランキングは堂々1位で、ローアマの本命です。昨年は日本ツアー、パナソニックオープンでアマチュア優勝。1月の米ツアーソニーオープンインハワイでは、難なく予選を通過して「フィル・ミケルソン以来の米ツアーアマチュア優勝か」と現地メディアを賑わせるなど、実力は申し分ありません。

マスターズに挑む松山と中島について以下の記事で書かれています。ご一読ください。

松山英樹と中島啓太、マスターズで日本選手が2つのトロフィー独占へ挑む(SPAIA)
目次
  • 松山英樹、史上4人目のマスターズ連覇へ
  • 松山以来のローアマを目指す中島啓太
  • あり得る、日本人選手のトロフィー独占

松山英樹、史上4人目のマスターズ連覇へ
日本人男子初のメジャー制覇から一年。松山英樹の、ジャック・ニクラウス、ニック・ファルド、タイガー・ウッズに次ぐ”史上4人目のマスターズ連覇”へ向けた戦いが始まろうとしている。