【男子ゴルフ】男子ツアー賞金王は、飛ばし屋チャン・キム

賞金ランキング 男子
パットチェーンゲート バナー

男子ツアー全日程終了

12月2日から5日に開催された、日本シリーズJTカップの終了をもって、男子ツアー全日程が終了しました。そして、各タイトルも確定。男子ツアー賞金王は、今季3勝を挙げたチャン・キム選手となりました。

チャン・キム選手は2018年は手首の骨折により、大会出場0となりました。「精神的に参ることもあった」と語るチャン・キム選手。

大きな怪我を乗り越え、来年の米下部ツアー予選会挑戦に向けて、大きな自信になるタイトル獲得となったのではないでしょうか。

着実に成長しているチャン・キム

飛距離が魅力のチャン・キム選手。今季は2位でしたが、ドライビングディスタンス1位の常連です。そして、近年はアイアンやパットの精度も高まり、パーオン率やパット数のスタッツも着実に向上しています。

来季もこれまで通りのペースで成長して、米下部ツアーから米ツアーへと歩みを進める土台作りを狙いたいところです。チャン・キム選手賞金王獲得について、下記の記事で書かれています。ご一読ください。

男子ツアー賞金王はチャン・キム(SPAIA)
目次
  • 日本シリーズ終了
  • 飛距離にアイアンとパットの精度が加わった
  • 手首骨折のため大会出場できなかった2018年
  • 米下部ツアー予選会には来年挑戦予定

日本シリーズ終了
東京よむうりカントリークラブで12月2日~5日に開催された『日本シリーズJTカップ』の終了をもって、日本男子ツアー2020-2021シーズン全日程が終了した。結果、5人にあった賞金王タイトルは、トップを走っていたチャン・キムが初めて獲得した。