右足へ左足へ 体重移動のポイントとは

ゴルフ ダウンスイング スイング

アドレスからバックスイング、そこからダウンスイングフォロースルーと、左右それぞれの足にかかる力は変化します。「体重移動」というワードが一般的かと思いますが、これは「左⇆右」「前⇆後」「上下(垂直)」の3つに分けて把握し、イメージを持つ必要があります。

今回はその中で「左⇆右」に焦点をあててみたいと思います。基本的にはバックスイングでは右足に加重していき、ダウンスイングからは左足に加重していきます。バックスイングで左右の配分があまり変わらない人や、ダウンスイングで右足に多く体重が残る人もいます。

様々なパターンが考えられる体重移動ですが、すべてのパターンに共通する重要なことがあります。「クラブを動かす(振る)方向とは反対方向へ力を使う」ということです。

左右へ体や頭をゆさぶらない

多くのゴルファーは頭や体を左右に揺さぶってスイングしています。この方が大きな体重移動となり、ボールを強くたたけるような感じがするからです。しかし、それは錯覚で、左右のブレが大きくなるとクラブヘッドをイメージ通りに加速させることができません。

また、クラブの遠心力に頭や体が持っていかれてしまうことも影響して、左右に揺さぶられてしまいやすいようです。

反対方向への力

頭や体が左右に揺さぶられないためには、”反対方向への力”がポイントになります。バックスイングでは左方向(右打ちの場合)への力、フォロースルーでは右方向への力です。バックスイングでは軸を左にずらす力、フォロースルーでは軸を右に残す力とも言えます。

こういった力を発生させ、活用してはじめて「多くのゴルファーがイメージしている”軸の安定”」が成されます。ゴルフスイングは「クラブの遠心力と体のエネルギーの引っ張り合い」なのです。

まとめ

「左右」「前後」「上下」とある中で、「左右」だけとってみても、深いところまでつっこんで把握しておく必要があります。「反対方向への力」というポイントを示しましたが、もちろんその時の体の使い方にも良し悪しがあります。下記記事で、スピードスケートを例に挙げながら体重移動について解説していますのでご覧ください。

ゴルフスイングで重要な体重移動とは【ゴルフハウツー】(SPAIA)