バックスピンをかけるために必要なこと

ゴルフボールとカップ スイング

ツアー選手のようなバックスピンに憧れているゴルファーは多いのではないでしょうか。通常、キャリーしてから転がるはずのボールが、3バウンド目ぐらいから、ギュギュっと転がり戻るわけですから、ツアー選手ならではの特別なテクニックのように感じるかもしれませんが、意外にそうハードルが高いショットではありません。

グリーンコンディションによりますが、一般男性のヘッドスピードで、ウェッジのフルショットに近い距離を打てばバックスピンはかかります。スピン性能の高いウェッジと、スピン性能の高いボールを使い、質の高いインパクトをする必要がありますが、特別な打ち方をしなくてもバックスピンはかかるのです。

下記記事で、バックスピンについてまとめられていますのでご覧ください。

プロレベルのバックスピンをかけるために必要なこと【ゴルフハウツー】(SPAIA)

ゴルフ ボール

バックスピンをかけるために重要なのはクラブとボール