カラダに改善点があるかも!「前重心」「お尻が落ちる」アドレスの対策

ゴルフとフィットネス フィットネス

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

「バランスよくアドレスする」とはいうものの、自身の感覚でバランスの良し悪しを察知し、整えるのは難しいものですよね。言うは易いし行うは難し、です。

まわりからしょっちゅう、アドレスについての指摘をされたり、自分のゴルフスイングを撮影して「アドレスが決まってないなぁ」と、いつも感じる人は多いのではないでしょうか。

気をつけてもなかなか直らない人は、スキルの問題ではなく、体の機能性の問題であることも考えられます。

前重心になる人

ゴルフのアドレスには前傾姿勢が不可欠です。しかし、その前傾姿勢がうまく取れない人が多いです。前傾姿勢は、お尻を後ろに引いて、股関節から角度をつけるようにセットする事が基本になります。

※参考記事「アドレスとスクワットをつなげて考える」はこちらから。

であるにも関わらず、上半身を前に倒すようにして前傾姿勢をセットするゴルファーが多いのです。こうなると、前重心になり、スイング中つま先側で体を支えようとするので、お尻の大きな筋肉を効果的に使うことができず、スムーズに体を回転させることが難しくなってしまいます。

こうなってしまう原因としては、脳から体への意識の伝達がうまくいっていないのか、スキルの問題で上半身を前に倒してしまう事が挙げられます。そして、もう一つが、体に何らかのエラーがあり、それが原因でどう頑張ってもお尻をうまく後ろに引けない場合です。

後者の場合は、意識だけではどうしようもない場合があります。

お尻が落ちる人

このタイプの人も多いです。そして、これもスキルの問題ではなく、体の機能性に問題がある事も考えられます。伸ばすべき筋肉を伸ばせず、その筋肉を伸ばさなくていいようにお尻を落とすことで、クラブヘッドを地面に届かせている可能性があります。

エラーを起こしている可能性がある部位

上記のような状態になってしまう人は、大殿筋やハムストリングスが縮んだ状態で固まっている可能性があります。ざっくりいうと「下半身の後ろ側の膝から上」のどこか、もしくはほとんどが固まっている可能性があります。

そこで、そこが固まっているかどうかのチェックとして、又は、それを解消するエクササイズを一つ紹介したいと思います。

ヒップヒンジです。

直立の状態から、背中のラインをまっすぐに保ったまま、お尻を後ろに引いていきます。そすると、大殿筋やハムストリングスがのびます。

この時の最終的な体勢の目標は「背中が地面と平行」です。もし、大殿筋やハムストリングスが固いと平行までいけないと思います。是非チェックしてみて下さい。

ゴルフ 良い姿勢

よい姿勢とは