イメージ通りのスイングをするための3つのアドレスの基本

ゴルフ 良い姿勢 アドレス

ゴルファーの皆さん、練習しているときやコースラウンドしている時、アドレスを大事にして取り組んでいますか?スイングのことだけを考えて取り組んでも、イメージ通りのスイングをすることはできません。アドレスについて理解を深め、自分にとってのより良いバランスのアドレスを探ることで、イメージ通りのスイングに近づくことができます。

ただ、より良いバランスのアドレスを探ると言っても、アドレスの基準を知らないことには始まりません。

体重配分については「母指球体重」と言われていたり、はたまた「かかと体重」という理論を提唱している指導者もいます。背中のラインにしても「まっすぐ」と言われているかと思えば「背中を丸める」と言われることもあります。何が正解で不正解なのか、分からなくなりますね。

ということで、これまでのスタンダードや最近言われていることをすべて踏まえた上で、3つだけ基本を挙げてみたいと思います。ゴルフ歴の浅いビギナーさんだけでなく、アドレスについて悩みを抱えているゴルファーも、確認してみて下さい。

3つのアドレスの基本
  • お尻を後方に引いて股関節から前傾する
  • 両足裏前後左右偏りなく体重を支える
  • 腕はリラックス

この3つについて、下記の記事で解説していますのでご覧ください。

イメージ通りのスイングをするために知っておきたい3つのアドレスの基本【ゴルフハウツー】(SPAIA)

アドレス関連記事はこちらから