暑い日でもゴルフを楽しむためにおさえておきたい、ラウンド中の熱中症対策

夏のゴルフ場 夏ゴルフ

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

増加する熱中症

昨年も暑かったですが、今年の暑さは際立っており、昨年よりも酷暑といえます。5月1日から7月31日の間で、熱中症によって、救急搬送された人数は、昨年で27,943人、今年は45,234人でした。

一般のゴルファーだけでなくツアー選手にも今年の暑さは猛威をふるっています。7月28日から31日に開催された楽天スーパーレディースでは2日目終了時点で2位タイにつけて優勝争いしていた安田祐香選手が、3日目スタート前に熱中症により棄権しました。

熱中症対策

夏ゴルフには夏ならではの楽しさがあります。長いラフ、蝉のなき声など、夏ゴルフにしか味わえないものが夏ゴルフにはあるのです。その夏ゴルフを堪能するために、熱中症対策をしながらラウンドしましょう。

ラウンド中に心がけたい5つの熱中症対策について、以下の記事で解説しています。ご一読ください。

真夏のゴルフを楽しむために ラウンド中に心掛けたい5つの熱中症対策(SPAIA)
目次
  • 多くの地域で熱中症警戒アラート
  • 5つの熱中症対策
  • 夏ゴルフの楽しさ

多くの熱中症警戒アラート
コースは木々にセパレートされているとはいえ、晴れていればプレーするところに日陰はほとんどなく、直射日光を浴びながらプレーすることになる。また、芝からの照り返しも強く、実際の気温は、天気予報などで発表されているものよりも高くなることが多い。