全米オープン2018 ブルックス・ケプカが連覇

ゴルフ 優勝 海外ツアー

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

今年の全米オープンはブルックス・ケプカ選手の連覇で幕を閉じました。全米オープンの連覇は1988年、89年のカーティス・ストレンジ以来7人目の快挙です。ケプカ選手はアメリカツアーは通算3勝(2018年6月18日現在)ですが、その内2勝が4大メジャーの1つ全米オープンですから大舞台に強いと言えるのではないでしょうか。

全米オープンゴルフ選手権(U.S.Open)歴代優勝者

ブルックス・ケプカ選手は大舞台に強いだけでなく、連覇が得意(?)なようです。日本のツアーであるダンロップフェニックスでは2016、2017年で連覇を達成しています。

怪我をしていたブルックス・ケプカ選手、約4か月ぶりに復帰

成功した舞台では「イケる!」と自分を信じてプレー出来ることで、好結果へつなげられているのかもしれませんね!?

全米オープン2018ブルックス・ケプカ選手

出典:SOUTHAMPTON, NY – JUNE 17: Brooks Koepka of the United States celebrates with the U.S. Open Championship trophy during the trophy presentation after winning the 2018 U.S. Open at Shinnecock Hills Golf Club on June 17, 2018 in Southampton, New York. (Photo by Ross Kinnaird/Getty Images)

メジャーでの優勝争いを本気で楽しめる

私はテストを楽しんでいます。限界まで押されて楽しんでいます。時には精神的に折れそうな気がしますが、それが私の楽しみです

と優勝したブルックス・ケプカ選手は話しています。「テストを楽しむ」それは、自分が今この過酷なコースセッティング、優勝争い、連覇がかかった大会、といった状況でどう戦うか、というゴルフの神様が与えたテストを楽しんでいる、ということです。

限界ギリギリまで追い詰められるような状況を、楽しむことができる。精神的にもうダメだと感じることもときどきあるけど、ボクが楽しいと感じるのはそこなんだ。難しいゴルフコースが好きだ。可能な限り最もタフな状況の中でプレーするのが楽しいんだ

これがメジャーを勝てる選手のメンタリティーなのでしょう。全米オープンを連覇できる男のタフさなのでしょう。バケモノ級の飛距離を誇るケプカ選手ですが、こういったメンタリティーもストロングポイントになっています。

全盛期はまだまだこれから

ブルックス・ケプカ選手は1980年5月3日生まれです。まだ28歳!プロゴルファーとしてまだまだこれから脂がのってくるでしょう!

バケモノ級の飛距離とメンタリティーを誇るブルックス・ケプカ選手にこれからも要注目です。