コースラウンド中のエチケットマナー カップインしたボールを拾うときに注意するべきこと

カップインしたボール ルール・マナー
パットチェーンゲート バナー

2019年からは旗竿を抜かなくてもカップインできるルールに変わり、ほとんど旗竿を抜かなくなりました。このルール改定はプレーファーストを推進することを目的としたものですが、旗竿の抜き差しによるカップの淵の荒れを防止することにも期待されていました。

ゴルフ場 狭山ゴルフクラブ

2019年新しいゴルフ規則が施行される!新しい規則とはどういうもの?

淵に触れないようにボールを拾う

手を勢いよくカップの中に突っ込んでボールを拾うと、カップの淵に手が触れて淵が崩れやすくなります。以前とは違い、基本的に旗竿を差したままボールを拾うことが多いですから、むやみにボールを拾いに行くと、淵を崩すリスクは高まります。ボールを拾うときは、淵に触れないように指で拾うように心がけましょう。

旗竿の抜き差しは慎重に行う

旗竿の抜き差しを行う場合は慎重に行いましょう。適当に行ってしまうと、旗竿が淵をかすめ、淵の円が荒れてしまいます。抜き差しする人全員が慎重に行わないと、カップの淵が荒れ、カップが綺麗な円でなくなってしまいます。淵が綺麗なカップの方がプレーをしていて気持ちが良いものです。

原則キャディ付きのゴルフ場はいつもカップが綺麗

多くのゴルフ場でプレーのセルフ化が進み、キャディーをつけてプレーするゴルファーは減ってきました。そんな中で、特に名門と呼ばれているゴルフ場ではキャディ付きのプレーが原則です。原則キャディ付きのゴルフ場は、大方カップの淵が荒れていることはありません。方や、原則セルフプレーのゴルフ場は、カップの淵が荒れているホールが多いようです。

プレーヤー1人1人の心がけ次第でカップの綺麗さは維持できる

プレーヤー全員が慎重にカップインしたボールを拾ったり、旗竿の抜き差しをすれば、カップの淵は崩れることなく綺麗さを維持できます。同じパットでも、カップインでも、カップが綺麗か荒れているかで印象が異なります。みんなのゴルフ場のクオリティーはみんなで護りたいものです。