スイングブレード クラブフェースの向きを確認できる練習器具

スイングブレード パッケージ 練習器具
パットチェーンゲート バナー

クラブフェースの向きをチェック

クラブフェースの向きはアドレスでは目で見て確認できますが、スイング中はクラブフェースの向きを目で見ることができません。感覚に頼ってフェースの向きを感じ取ることになります。

しかし、感覚は錯覚を起こす場合があります。「スクエアだと感じていたけれど実際は開いていた」「閉じていると思っていたら実際は閉じていなかった」ということはよくあります。

そのような錯覚を起こさないために、フェースの向きを感じ取る感覚を磨く練習器具「スイングブレード」を紹介します。

スイングブレード表面
スイングブレード 裏面

スイングブレードを使うとフェースの向きが明確になる

練習器具「スイングブレード」を使うとフェースの向きが明確になります。輪っかの面の向き(オレンジ)がフェースの向きなので、輪っかの向きをコントロールすることがフェースの向きをコントロールすることになります。

例えば、テークバックやフォロースルーでは、やオレンジ色の面が下を向いていればフェースは閉じていいることになります。上を向いていれば開いていることになります。

スイング(動作)のイメージと実際の面の向きの関係性を把握することができる練習器具が「スイングブレード」なのです。

スイングブレード グリップ
スイングブレード グリップ2

練習器具を効果的に使う

イメージしているフェースの向きと実際のフェースの向きのズレを減らすために、スイングブレードは有効です。また、スイングブレードに意識が行っている時というのは、ボールに対する意識は弱まっているはずです。その程度の意識でもボールに当たることが分かれば「ボールに当てに行くことで起こるスイングエラー」の解消にもつながります。

練習器具を効果的に使って、上達につなげましょう。

スイングブレード

スイングブレードamazon

参考価格:4,147円(税込)

練習器具関連記事はこちら