インパクト時の正しいフェースローテーションを体感できる練習器具『インパクトスナップ』

ゴルフインパクトスナップ 練習器具

ゴルフスイングでは、インパクト時のフェースが返る動き『フェーローテーション』は不可欠な動きです。

今回は、そのフェースローテーションを正しいものに導く練習器具を紹介したいと思います。その器具の名は『impact snap(インパクトスナップ)』です。

これは下記記事にある『左前腕回外』『左手掌屈』『右前腕回内』『右手背屈』が融合する動きとはどういうものか、を体感することができます。

プロゴルファー 大きなフォロースルー

インパクト時の正しいフェースローテーションを分解して解説

ゴルフ インパクトスナップ

インパクトスナップ YouTubeチャンネル

インパクトスナップ使用のポイント

黄色いボールを右前腕に当てる

切り返しからインパクトまでは、腕を縦(下)に振ります。

横(左)に振ると、前腕を回旋させてもうまく前腕に黄色いボールを当てにくくなります。ダウンスイングでは極力、腕の横(左)への動きを抑えながら前腕を回旋させましょう。

インパクトまでは、右肘は曲がっていて右肘が右脇腹についているイメージを持つと良いでしょう。

インパクトからフォロースルーにかけて”カチッ”と音を鳴らす

器具の中に、おもりのようなものが入っており、”カチッ”と音が鳴る作りになっています。

スイングした時にこの音は、インパクトからフォロースルーにかけて鳴らすようにしましょう。

インパクト前に音が鳴ると、それはリリースが早い腕の動きになっているということになります。つまり上記にある前腕と手の合わせて4つの動作『左前腕の回外』『左手の背屈』『右前腕の回内』『右手の背屈』ができていない、ということになります。

ツアープロも使用しているインパクトスナップ

腕の使い方の確認の為にこのインパクトスナップを使用しているツアープロもいます。

それぐらい大切なポイントを体感できる器具です。

使い始めると、最初は複雑な動きに感じるので違和感が大きくなりやすいですが、スムーズにいいタイミングで”カチッ”と音が鳴り、右前腕に黄色いボールが当たるようになると、実際にショットした時、ボールに対しての力の伝割り方や、ボールのつかまりに変化があるでしょう。

ゴルフ インパクトスナップ
インパクトスナップ

参考価格:12,700円(税込)