狭いホールでティーショットを狙い通りの方向に打つための条件

ゴルフ ゴルファー オンコース
パットチェーンゲート バナー

狭いホールのティーショット、緊張しますよね。「プレッシャーかかるとミスをする」そんなゴルファーは多いのではないでしょうか。そこで、緊張しないためにこころがけたいポイントと、緊張云々抜きにして、狙い通りの方向に打つためには押さえておきたいポイントを挙げておきます。

プリショットルーティーンの徹底

プリショットルーティーンは重要です。どういうルーティーンにするか、以上に、それをどれだけ徹底して行えるかが重要です。なんとなく、アドレスに入ってセットアップを完了させているゴルファーは多いと思います。とりあえず、なんでもよいので、ルーティーンを決めましょう。

プリショットルーティーンについて

プリショットルーティーン確立の重要性とは

アライメントを一定にする

スイングの再現性を高めるためには、アライメントの再現性を高める必要があります。アライメントとは、肩、腰、膝、足のラインの向きのことです。狭いホールでもOBしないためには、これらの向きを重要視する必要があります。地味ですが、とても重要なポイントです。

どうアドレスするか

どういった状況下でも「どうアドレスするか」が重要です。状況に惑わされず、いつでも同じように良いバランスでアドレスできるかが重要なのです。アドレスをすっ飛ばして「どういうスイングをするか」を考えるなど言語道断です。プリショットルーティーンやアライメントなど、「どうアドレスするか」に着目して狭いホールの攻略を目指しましょう。

狭いホールでもドライバーで狙い通りの方向に打つための条件【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • 果敢にチャレンジ
  • プリショットルーティーンの徹底
  • アライメントを一定にする
  • 刻む場合でも大切

果敢にチャレンジ
距離が短いホールは狭いことも多い。このようなホールのティーショットでドライバーを選択すると、飛距離は出るが曲がりやすいため、OBなどのリスクが高い。しかし、その狭い幅に上手く打つことができれば、第2打の距離が短くなるため、グリーンオンの確率が高まる。