スプリットスクワットでお尻の筋肉を鍛えてスイングの安定感向上

ゴルフとフィットネス フィットネス

スイングバランスの向上や力強いインパクトの実現の為に必要なのがお尻の筋肉です。お尻の筋肉は、下半身の中で最も大きな筋肉です。ふくらはぎや太ももよりも大きいのです。よって、お尻の筋肉を効果的に使うことで、下半身が安定し、腕やクラブの遠心力に負けずにクラブヘッドの軌道やフェースの向きが安定します。「床反力」を使う為にもお尻の筋肉は不可欠です。どんなスポーツでも『お尻の大きな人』というのは有利になりやすいです。もちろん、ただ大きいだけではダメですが……

お尻の筋肉は主にどのタイミングで活躍するか

スイング中、ずっとお尻の筋肉は活躍するべきですが、その中でも特に活躍するべきタイミングについて、左右どちらのお尻の筋肉が主に活躍するべきか? と合わせてお伝えします。 ・テークバックで右のお尻 ・切り返しで左のお尻 ・フォロースルーで左のお尻(最大活躍) 最も活躍するタイミングがフォロースルーで、左のお尻です。俗にいう“左のカベ”は左のお尻で作るということですね。太ももやふくらはぎも使いますが、メインはお尻です。お尻の筋肉でスイング中体を支え、太ももやふくらはぎは補助的な役割、という意識を持ちましょう この左のカベが、しっかりするとクラブの動きが安定するだけでなく、ヘッドスピードも上がりやすくなります。

お尻の筋肉を意識することで下に下に意識しやすくなる

スイングには『体重移動』というものがありますが、これは決して『左⇔右』の移動ではありません。『左下⇔右下』の移動です。 どういうことかというと、常に地面を踏み続けながら左右の移動する必要がある、ということです。 これを確実に行おうとした場合、お尻の筋肉を使えないと、地面を踏み続けることができずに『左⇔右』の移動になり、腰が左右に流れる“スウェイ”に繋がりやすくなります。

スプリットスクワット

お尻の筋肉を鍛えるエクササイズでおすすめなのが『スプリットスクワット』です。まずは下の動画をご覧ください。

これを行うことでお尻を鍛えることができます。しかし、まず確認するべきことがあります。「ちゃんとお尻を使えているか」です。 この動画のようなスクワットの運動ができたとしても、お尻を使えていなければ狙った効果を得られません。お尻を使えていないということは、太ももやふくらはぎに頼ってスクワットの運動をしているということです。 ということは、ゴルフスイングにおいても、お尻ではなく、ふくらはぎや太ももに頼っているということです。 これでは、スイング中バランスを保つ、ということにおいて無駄が生じてしまいます。

お尻を使えていないと感じた場合

スプリットスクワットをしてみて、「お尻を使えていないな」と感じた場合、かかとで地面を押し、かかとで体を上げるように強く意識してください。そうすると、お尻を使えるようになってきます。

他のスポーツ同様、ゴルフにおいてもお尻の筋肉は重要です。お尻の筋肉を鍛えてスイングバランスを向上させましょう!