世界で最も偉大なストレッチ。グレーテストストレッチ

ゴルフフィットネス フィットネス

ラウンド前や練習前、更には日常生活でストレッチをしていますか?ストレッチは体の柔軟性を高める為のものです。ケガの予防になるだけでなく、スムーズにゴルフスイングを覚える為にも重要な運動になります。練習場での風景を見ていると、打席についていきなりショットを開始する人が多くいますが、早く打ちたい気持ちを抑えて、じっくりストレッチをする事をお勧めします。体とスイングに負の影響を与えないためにストレッチは欠かさず行いましょう。

肩関節・胸椎・股関節の可動域が重要

ゴルフスイングをする上では肩関節の可動域や・胸椎の可動域・股関節の可動域といったポイントが特に重要です。これらが効果的に動かないとスイングでのエラーが起こりやすくなります。

ゴルフスイングでは「腰を回す」とか「肩を回す」などという表現がいまだはびこっていますが、腰椎は5度しか回りません。股関節や胸椎が可動しているのです。肩に関しては、胸椎が回旋した結果、肩が動いているだけですので「肩が回る」という表現は実はおかしいのです。

参考記事:トップ

参考記事:フォロースルー

グレーテストストレッチ

上記で述べた肩関節や胸椎や股関節以外にも、ハムストリングスや大腿四頭筋などもストレッチングされ、重要ポイントの柔軟性を向上させる為に効果的なストレッチとして「グレーテストストレッチ」というものがあります。「世界で最も偉大なストレッチ」と言われています。これを家や、練習前、ラウンド前やる習慣をつけると良いでしょう。立体的、かつ効果的に体を使える状態になると思います。下記がグレーテストストレッチの紹介動画です。是非取り入れてみて下さい。