ショットやパット時の最適なスタンス幅とは

ゴルフのアドレス アドレス

スタンス幅は広い方が良いのか狭い方が良いのか

スタンス幅について迷ったことはないでしょうか。「広くするべきか」「狭くするべきか」と。体の柔軟性や体幹の強さなどによって、人ぞれぞれ最適なスタンス幅は異なりますが、「広い」と「狭い」では「狭い」方が、安定したスイングやストロークにつながりやすいです。

ゴルフスイング インパクトゾーン

アマチュアはスタンス幅が広すぎる傾向。スタンス幅の基準とは!?

スタンス幅を狭くして好調の堀琴音

昨季、悲願のツアー初優勝を遂げた堀琴音選手が今季好調です。好調の理由がパッティング。ショットの安定感はもちろんのこと、パットのスタッツも昨季に比べて向上しています。

堀選手はパット時のスタンス幅は広い方がストロークが安定すると思っていたようですが、パッティングコーチから「狭い方が安定する」と言われて、そのように変え、功を奏しているようです。

以下の記事でスタンス幅について解説されています。ご一読ください。

スイングやストロークが安定するアドレス時のスタンス幅とは【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • クラブの動きが安定するスタンス幅とは
  • パットのストロークが安定する足幅とは
  • 古江彩佳の先輩、堀琴音のスタンス幅
  • 足幅でスイングやストロークが変わる

クラブの動きが安定するスタンス幅とは
アドレス時のスタンス幅は広い方が良いのだろうか、狭い方が良いのだろうか。スイングタイプや体の柔軟性、体幹お強さなど、人によって合うスタンス幅が異なる。多くの場合、比較的狭めが良いだろう。