フォロースルーで左腕を伸ばすために必要なこと

ゴルフスイング フォロースルー フォロースルー

ツアー選手のスイングを見ていると、フォロースルーで左腕が綺麗に伸びている選手が多いことが分かると思います。ダイナミックなかっこいいスイングを目指して、この左腕の動きにフォーカスして取り組んでいるゴルファーは多いのではないでしょうか。しかし、この左腕の取り組みには注意が必要です。左腕は伸ばそうとして伸ばすのではなく効率よく体を操作した結果、伸びるものだからです。がむしゃらに左腕を伸ばそうとしても、求める結果は得にくいです。

左腕が伸びているツアー選手たちは左腕を伸ばす取り組みをしてきたわけではありません。遠心力の活用や前腕の回旋動作がスムーズに入ることで自然と左腕が伸びてきたと考えた方が良いでしょう。

プロゴルファー 大きなフォロースルー

フォロースルーでは腕を❝伸ばす❞のではない!腕が❝伸びる❞!

仮に、どこかのタイミングで「左腕を伸ばすことに取り組んだ」ツアー選手がいたとしても、それはジュニア期の話です。ジュニア期はその意識を持っても、運動学習能力が高い時期であることや腕力が無いことが良い方に作用し、遠心力の活用もセットでついてきます。しかし、成人を過ぎてゴルフを始めた人は、無理に左腕を伸ばそうとすると腕力があることなどが手伝って、腕が力んだ、体幹と腕の連動性が無いぎくしゃくしたスイングになりやすいです。

また、左腕が伸びた大きなフォロースルーをとるためには、胸郭まわりや肩甲骨まわりの柔軟性も必要になります。このあたりの可動域もチェックして、問題がありそうであれば、入念なストレッチなどの取り組みも必要になります。

ツアー選手のように左腕を伸ばすことについて下記記事でまとめられていますのでご覧ください。

ツアー選手のスイングはなぜかっこいい?フォロースルーで左腕がまっすぐ伸びる理由(SPAIA)