初優勝は近い 高橋彩華選手のスイング

LPGA 日本女子プロゴルフ協会 女子

ショットメーカーの高橋彩華選手

幾度も優勝争いに加わりながら、勝ちきれないでいる高橋彩華選手。ショットのスタッツはどれも上位にランクインしており、パット次第ではいつ勝っても不思議ではありません。

現在、指導を受けているのは、東京オリンピック・銀メダリストの稲見萌寧選手も指導している、奥嶋誠昭コーチです。同門の選手の活躍を見ては、「次は自分」と刺激を受けていることでしょう。

これから最も注目したい選手の一人です。

奥嶋誠昭著 ザ・リアル・スイング

稲見萌寧選手のコーチ 奥嶋誠昭 著「ザ・リアル・スイング 最適スイング習得編」

グリップが特徴的

グリップの基本は、「左手は小指、くすり指、中指を主にして握る」です。しかし、高橋選手の左手小指はグリップから離れています。アドレスからフィニッシュまで離れています。

日本を代表するショットメーカーの左手小指が離れているのはとても興味深いです。離れている理由としては、

  • 意識して離している
  • 左手小指の怪我などがきっかけで離すようになった
  • ジュニア時代からの癖(グリップの太さに対して手が小さい場合、小指をクラブにひっかけるのが難しい)

などが挙げられると思いますが、他の理由があるかもしれません。