埼玉県のゴルフ場 難易度やコースレーティングが高めのおススメのゴルフ場6選

狭山ゴルフ倶楽部 ゴルフ場

「簡単なコースでは物足りない」「難しいコースに挑戦したい」そういう志向がある中上級者は少なくないのではないでしょうか。そこで、今回は埼玉県の難易度が高め(コースレーティングが高め)でおススメのゴルフ場を6コース紹介したいと思います。技術力やコースマネージメント力を総動員して、難コースを攻略しましょう!

難易度・コースレーティングが高めのおすすめのゴルフ場

岡部チサンカントリークラブ

美里コースと岡部コースがありますが、美里コースのコースレーティングは73.0で1980年にプロトーナメントの関東オープンが開催されたコースです。この時優勝したのは青木功選手。

埼玉県アマチュアゴルフ選手権の決勝大会のコースとしても馴染みがあるコースで、埼玉県を代表するチャンピオンコースの一つと言えるでしょう。

ミッションヒルズカントリークラブ

コースレーティングは今回紹介する6コースの中では最も高い74.0です。コースを設計したのが、「設計したコースはすべて難しい」と言っても過言ではない鬼才ピートダイ。緑や紅葉など景観を楽しみながら、ピートダイの挑戦状を受け取ってみてはいかがでしょうか。ホテル「ミッションヒルズ迎賓館」が併設されています。

ピートダイ

アメリカのオハイオ州出身。1925年生まれの世界的なゴルフコース設計家。「最もエキサイティングなゴルフを楽しめるコースの設計家と呼んで欲しい」と語っていた。そう言うだけあって、バンカーや池が巧みに配置されている。設計したコースは元々の地形を活かした造形美も特徴として挙げられている。

秩父の風景

埼玉県の宿泊施設併設のゴルフ場

鳩山カントリークラブ

多くのプロトーナメント開催実績があり、コースレーティングが73.8のコースです。ドライビングレンジやアプローチ・バンカー練習場などの練習施設も充実しており、一日中ゴルフにどっぷりと浸かれるゴルフ場です。

プロトーナメント開催実績
年度 大会名
1989年 マルマンオープン
1990年 マルマンオープン、ハザマクラシックオープン
1991年 マルマンオープン、ハザマクラシックオープン、日本シニアオープン
1992年 マルマンオープン
1993年 マルマンオープン
1994年 ダイワインターナショナル
2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権
2019年 ISPSハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

オリムピックナショナルGC EAST

旧エーデルワイスゴルフクラブ。グリーンは1グリーンでアンジュレーションがきつくうねりがあります。バンカーや池がきいており、コースレートは73.0。コース設計はダイデザイン社で、先に紹介したミッションヒルズカントリークラブを設計したピートダイの息子のペリーダイが担当しました。ピートダイ設計のコース同様、戦略性高いコースとなっています。

こだまゴルフクラブ

コース設計家である上田治氏が手掛けた最後のコースです。親会社の拠点が関西だったため、上田氏に声がかかりました。「レベルを問わず誰もが楽しめるコース」というコンセプトで造られたコースではあるものの、コースレーティングは73.2と、難易度は高めです。2015年はJLPGAの最終プロテストが、2019年にはJLPGAのファイナルクオリファイングトーナメントが開催されました。

上田治

「東の井上誠一、西の上田治」と言われている設計家。地形を活かした設計を信条としている。イギリスの世界的なコース設計家であるC・H・アリソン(チャールズ・ヒュー・アリソン)が来日した時に、コースレイアウトや築造技術について学び、日本を代表する名門、廣野ゴルフクラブのグリーンキーパーや、支配人を務めたあとに、設計家として独立した。設計したコースの数は55程と言われている。

石坂ゴルフ倶楽部

2019年のJLPGAツアー、センチュリー21レディスゴルフトーナメントが開催されました。この時優勝したのは稲見萌寧選手で初優勝でした。ツアー開催が記憶に新しいコースで、選手になったつもりでプレーしてみてはいかがでしょうか。コースレーティングは73.7。都心から近いアクセスの良さも魅力です。ドライビングレンジやアプローチ・バンカー練習場などの練習施設も充実しています。

まとめ

易しめのコースで気楽にプレーするのも良いですが、ハラハラドキドキしながら難コースに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。もし、コースの罠にはまってしまったら、リベンジに向けて練習に励みましょう。うまく行ってもそうでなくても、得るものがより大きいのが難コース挑戦の特徴です。

SAITAMAでGOLF