練習ドリルは「どういう意識で」「どういう意味があって」を理解していないと意味がない

ゴルフ場 太平洋クラブ 美野里コース ドライビングレンジ 練習

練習場での練習はいいショットを打てるに越したことはありませんが、いいショットを打つ事が目的になってはいけません。

良い動きを獲得するためにあるのが練習です。

その練習には、器具を使ってのものも含め様々なドリルがあり、メディアなので紹介されています。ツアー選手達がどういったドリルを取り入れているか、は参考になりますよね。

ただ、ドリルをやるには注意が必要です。その注意は下記の2つです。

  1. そのドリルの意味を理解しているか
  2. 良い当たりを捨てる覚悟があるか

そのドリルの意味を理解しているか

「雑誌でこんな感じのドリルが載ってた」「こういうドリルがいいらしい」と、単にドリルのやり方を仕入れて、実践してみたところで、そのドリルの意味を理解していないと意味がありません。

ツアー選手の多くが取り入れている「右手1本ドリル」

例えば「右手1本ドリル」。

右手1本でクラブ(主にウェッジなど)を持って打つ練習です。

片山晋呉選手が取り入れているドリルですが、松山英樹選手が取り入れているドリルとして多くのゴルフファンに認知されています。

練習場でもたまに、このドリルを行っているアマチュアゴルファーを見かけます。

しかし、その練習風景を見ていて分かるのですが、多くのゴルファーはこのドリルについて理解しないで、表面的な部分だけ真似るにとどまっています。

ざっくり言うと「単に右手1本でクラブを持ってボールを打ってるだけ」なんです。

右手1本ドリルをする狙いとしては、

  • 体幹で打つ
  • 体の回転で打つ
  • 腕の脱力
  • インパクト時の右手背屈

などが挙げられます。

これらをイメージし、さらにはそれができているかどうか自身の体に問いかけながら、ドリルをする必要があります。

肩支点で腕を固くしてクラブと1体化させてブランブランと左右にゆするように打っていても意味がありません。当たりの良し悪しにとらわれず、上記に挙げた点などを意識しながらスイングすることではじめて意味が出てきます

表面的にドリルっぽくするだけでは、それはただの自己満足です。

良い当たりを捨てる覚悟があるか

ドリルをする時だけでなく、スイング作りのための練習では、良い当たりは出にくいものです。

ポイントを絞ってより良い動きを獲得することと、より良いショットを打つ事はイコールではありません。

より良い動きをしても結果が伴わないことはありますし、意識している動きができなくても結果は良いことがあります。

そこを理解しておかないと、なかなかドリルの効果は得られません。

ドリルに取り組む時は「良い当たり」「狙った方向に飛ぶ」「距離が出る」ことは度外視しましょう。

度外視できないのであれば、ドリルはせずにただ普通にショットする方が良いかもしれません。

質の高い練習をして、上達や進化を獲得しましょう!

Let’s Enjoy Golf!