【特に初心者!】グリップ圧が強くならないように要注意!

ゴルフ グリップ グリップ

「練習終わった後、指の皮がむけた」「腕や肩まわりが筋肉痛になった」といった経験はどなたでもあるかもしれません。

500球以上打って、そうなるのはいたしかたないのかもしれませんが、100球程打ったぐらいで、指の皮がむけたり、腕が筋肉痛になるのは、過剰な”力み”が生じている可能性があります。

ゴルフ グリップ

インパクトの瞬間、ズルッ!インパクトでグリップがずれる理由

上記参考記事にもありますが、特にビギナーはミスヒットが多くなります。

そのミスヒット時は、クラブが衝撃を吸収しきれず、手の中でクラブが動きグリップがずれることがあります。

ミスヒットしたことでグリップがずれたにも関わらず、グリップがずれたからミスヒットした、と感じ取ってしまうと、「ずれないようにもっと強く握らないと」と、グリップ圧が強くなり過ぎてしまいます。

こうなってしまうと、「良いスイング」「力の伝達効率の良いスイング」「再現性の高いスイング」が、難しくなってしまいます。

強く握った方がクラブの動きが安定する”安心感”は獲得することができますが、リズミカルでしなやかなスイング、効率よくボールに力を伝えることができるスイング、の獲得は難しくなります。

グリップ圧はゴルファーそれぞれの感覚次第になるので「これぐらいの強さ」とい言うのは難しい部分がありますが、「握る」ではなく「持つ」というワードが適していることは言えると思います。

ゴルフクラブは先端側に重心が偏っていて、クラブヘッド内の重心も、シャフトから離れたところにあります。

よって、バックスイングからダウンスイングへ切り返す時に、クラブヘッドの重さや遠心力に”ぐらっ”と、グラっと手首や腕がもっていかれる、不安な感じになります。

これは自然で、生じるべきものなので、この不安な感じを無理に押さえつけるように、手や腕を力ませると、先述したように、効率よくボールに力を伝えることができるスイングの獲得は難しくなります。

筆者の個人的な感覚でいうと「グリップした時の手の平の中に空気を入れないイメージの範囲内でゆるく」という程度のグリップ圧がおすすめです。

「力まず締める」

「筋肉で握らず骨で握る」

といった言葉が適しています。

前腕や、さらには肩回りの筋肉が膨張するように強く握らないようにしましょう。

強く握り過ぎてしまうと、俗にいう「クラブ(ヘッド)の重みを使ってスイングする」ということが難しくなります。

グリップ圧を弱めると、インパクトからフォロースルーにかけて、クラブがすっぽぬけてしまいそうな不安感を感じるかもしれませんが、その心配は無用です。

スイングしてクラブが下にきた時(ヘッドスピードは速まった時)には、クラブの重力や遠心力に対抗するように、人間の性能として自然とグリップ圧は”キュッ”と強まるので、クラブがすっぽぬけることはありません。

「弱く」とか「強く」という言葉では言い切ることができないグリップ圧ですが、「強くなりやすいので要注意」ということは言えるでしょう。

グリップ関連記事はこちら

Let’s Enjoy Golf!