バランスの良いアドレスのための3つのポイント

ゴルフのアドレス アドレス

バランスの良い理想的なスイングのためには、バランスの良いアドレスが必要不可欠です。

今回は、そのバランスの良いアドレスのための3つのポイントについて述べたいと思います。

その3つのポイントとは、

  1. ジャンプして着地した時の下半身の緊張感をイメージする
  2. 体重配分は前後左右均等になるようにする
  3. 足踏みをして前後左右のバランスを整える

です。

アドレスに関する記事はこちらから。

①ジャンプして着地した時の下半身の緊張感をイメージする

アドレス時の下半身は棒立ちにならず、安定させることが大切です。

その「安定感」の目安となるのが、ジャンプして着地した時の下半身の緊張感です。

ジャンプして着地すると、適度に骨盤が前傾し、お尻や太ももに力が入ることが分かると思います。この力の入り具合が目安になります。

ただ、あまりガチガチに緊張しすぎないよう注意する必要があります。

下半身は緊張させながらも、股関節の可動性は確保されていなければいけません。下半身は「固定」せずに「安定」させることが重要です。

ゴルフスイング インパクトゾーン

ガチガチに固めないで!スイング中の下半身の「安定」と「固定」の違い

体重配分は前後左右均等になるようにする

体重配分は、つま先、かかと側に偏りすぎず、左足、右足に偏りすぎないようにしましょう。

前後左右均等の体重配分が基準になります。

これはアプローチも同じです。「アプローチはアドレスから左足体重」がさも基準、のように認識されていますが、アプローチでも前後左右均等、が基準の体重配分になります。

ゴルフ ショートゲーム アプローチ

アプローチ時の左足体重アドレスのメリットとデメリット

③足踏みをして前後左右のバランスを整える

プロゴルファーは足踏みを必ずしています。

ボールと体の距離を微調整しながら前後左右のバランスを整えているのです。

ペタペタペタ。プロゴルファーが足踏みをする理由って何?

ボールに対して、最初に置いた足の場所が完璧になることはありえません。プロであってもです。足踏みをすることで、足の場所がベストに近づきます

足の場所がベストに近づくことで、前後左右の体重配分がベストに近づきます。

練習の時から、足踏みをする習慣をつけましょう。

フルショット時だけでなく、アプローチやパッティングの時もです。

アドレスチェックは欠かさないようにしよう

「アドレスは大事」と言いながらも、おろそかにされがちです。

アドレスのチェックは欠かさないようにしましょう。

そして、先述した3つのポイントをチェックしましょう。

スイング中のポイントの確認は、映像を撮らないと確認できませんが、このアドレスの3つのポイントに関しては、自身の感覚にを頼りにチェックすることができます。

チェックを繰り返すことで、バランスの良いアドレスが身体に馴染みます。

理想的なスイング構築に向けて、理想的なアドレスを獲得してください!

ゴルフ 良い姿勢

よい姿勢とは

Let’s Enjoy Golf!