ゴルフクラブを正しく握ろう! グリップの注意点

ゴルフ インターロッキンググリップ グリップ

腕と胴体が調和した、リズミカルなスイング構築のためにはグリップは大切です。「手とクラブに一体感がある」「腕が適度に脱力している」グリップが良いグリップです。

グリップは大切ですが、軽く見られがちなポイントです。初心者だけでなく中上級者も、今一度、グリップをチェックしてみてください。

これまでのグリップに関する記事はこちらからどうぞ。

今回はグリップに関して注意点を2点述べたいと思います。

  1. 長く持ち過ぎないようにする
  2. 左右とも同じ力加減で握る

長く持ち過ぎないようにする

ゴルフクラブを長持つと、ヘッドを加速させやすくなるイメージを持っているゴルファーは多いのではないでしょうか。

基本的には「少し短めに持つ」ようにしましょう。目安は、小指とグリップの端の間に指2本分入る程度です。

ゴルフグリップ 左手のポイントになる指

たしかにクラブを長く持てば持つほど、物理的にはヘッドを加速させやすくなります。

しかし、手の平の中に余る部分が出てくるので、クラブのぐらつきが生まれやすくなります。

長く持ち過ぎないようにして、手とクラブの一体感を確保しましょう。

※2018年の男子ツアー賞金王の今平周吾選手はとても短く持っています。↓

ゴルフクラブを短く握る今平周吾

出展:https://www.golfnetwork.co.jp/

左右とも同じ力加減で握る

グリップは「左右同圧」が基本です。

ゴルフ グリップ

グリッププレッシャーはどの程度が理想的なのか

「インパクトで右手の力が入りすぎている感じがするから右手をゆるゆるにして握る」「左手リードでスイングするべきだから左手の方を強く握る」というゴルファーが多いです。

しかし、インパクト時の手の力み具合にしても、手のリードについても、最も有効的なのは「左右動圧」です。

左右動圧であるべき理由は、「体幹の可動性、安定性が最大になる」ことが挙げられます。

「左右動圧でにぎりこぶしを作ってシャドースイング」と「左右の圧に差をつけたにぎりこぶしでシャドースイング」を比べてみてください。

体幹の可動性と安定性が違うと感じるはずです。「体の回りやすさ」が違うと感じるはずです。

グリップチェックの習慣を!

グリップは大切です。無頓着になりがちですが、とても大切です。

練習やコースラウンドの時は、必ずグリップをチェックしましょう。片山晋呉選手でもグリップチェックを欠かさないようです。

「形」「グリップ圧」「どの指をどの感じで」など、グリップ1つで、チェックポイントはたくさんあります。1つ1つチェックしましょう。

1つ1つ、丁寧にチェックしながらグリップを決めても、慣れてくると一瞬で決めることができてきます。

良いスイングの持ち主は良いグリップの持ち主です。