あるゴルファーのある日の練習メニュー

ゴルフ練習場 練習

今回はあるゴルファーのある日の練習メニューの紹介です。ゴルフ上達の為には『コースでするショットのリハーサル』的な練習を繰り返すだけでは思うような上達は難しいです。できたとしても、その方法だとかなりの練習量(時間)が必要になります。

効率的に上達するためには、いかに「ショットの結果以上にスイングのテーマをクリアできたかに焦点を当てきる」かが重要です。

この日の練習メニュー

右手1本打ち

右腕と体幹の同調性を確認します。キャリーで10ヤード飛ばします。

ポイントは右肘を曲げたままスイングします。肘を曲げることで、手首の動きが安定し、体幹主動で打ちやすくなり、「体幹でクラブを操作する」感覚を取り込みやすくなります

体幹と末端(腕)の調和性を高めていきます。

イメージは、右手はクラブを持っているだけ。クラブを上げるのも下ろすのも体幹で行います。ただ、クラブが寝る動きをなくすため、右前腕の回内をほんの少しだけ入れます。

フィニッシュでは右手の小指が下になります。

20ヤード、30ヤードキャリーのアプローチショット

スイングづくりの一環、実戦(コースラウンド)でのアプローチの距離感をチェックします。

腕を脱力させ、体幹主動を強調したイメージでスイングします。

積極的に体幹を使います。体幹を回旋させます。ショートアプローチでも、体幹の力と前腕の回旋でボールを飛ばします

フィニッシュでは、左手が掌屈、右手が背屈しています。

※アプローチに関する記事はこちら

50ヤードキャリーのアプローチショット

スイングづくりの一環、実戦(コースラウンド)でのアプローチの距離感をチェックします。

腕を脱力させ、体幹主動を強調したイメージでスイングします

練習量が不足している時期は、左手掌屈かつ左前腕回外、右手背屈かつ右前腕回内、を意識します。

バランスクッションに乗ってスイング

スイング中の、腕やクラブによる遠心力にバランスを崩されることがないよう、バランス維持を取り込みます。お尻の筋肉や腹筋軍をより意識しやすくなります。

ゴルフフィットネスやゴルフ練習に!CORE MOVE(コアムーブ)

片足立ち打ちドリル

バランスクッションに乗ってスイングする練習同様、バランス維持を取り込みます。やや難易度が高いドリルです。ボールを打たす、素振りでも効果がありおすすめです。

通常のショット

最後は、通常のスイングをしてスイングの状態を確認します。

主に、「体幹主動」の確認をします。又、スイングを大きくするほど、「ダウンスイング以降の腕の収縮イメージ(遠心力との協調)」の具合を大切にしながらショットします。

通常のスイングは半分程度の割合

アプローチショットや通常のフルショットなど、『コースでするショットのリハーサル』的な練習は全体の半分程度です。他は、ポイントを何かに絞ってそこに焦点をあてきった練習を行っています。

スイングの向上と、ショットの結果は、比例するとは限りません。

中級者以上になると、スイングが良くなっても、ショットの結果が一時的に、悪くなることは往々にしてあります。しかし、そのもう一歩先にスイングが進んだ時に、自らも感じることができる進化があるでしょう。

良い練習をして上達する喜びを体感してください。今回の練習メニューの紹介が参考になれば嬉しいです。

Let’s Enjoy Golf!