感覚だけで自分のゴルフスイングを把握する事はできない

ゴルフスイング スイング

何か自分なりに要改善点を意識したテーマを持ってスイングしたり、指導者など誰かから何か指導を受けて、それを意識してスイングしたりと、色々スイングを変えようと取り組んでいる人は多いと思います。そういう人に多いのが次の感想です。

「自分でできているかどうかが分からない」

そうですよね、自分で自分を見る事はできないので、なかなか“やろうとしていることができているかどうか”は分からないものです。

結論から言うと、この“できているかどうかが分からない”のはやむをえない事なので、それを踏まえて取り組むしかありません

もちろん、感覚に問いかけながらスイングすることは大切です。これが無いと上達しません。ただ、その得た感覚を信じきってはいけません。感覚は嘘つきだからです

意識していることができているかどうかが分からないのはツアープロレベルでも同じ

ツアープロでもスイングコーチをつける事は当たり前の時代になってきました。それは、より良いスイング、より良いゴルフをする為のポイントについて指導を受けるためですが、その中には、「自分自身で自分のスイングが分からない」という部分があります。

タイガー・ウッズであっても、自分のスイングについて感覚で把握しきることはできていません。コーチに指導を受けている時など、撮影したスイング映像を見ながら練習を見ているのはその為です。もし「今のはここがこうなってここがこうなった」といったようなことが感覚で分かるのであれば、スイング映像を撮る必要はありません。

それぐらい、感覚で動きを把握する事は難しいのです。

「今のはできた!」と感じたら注意!それは勘違いの可能性大

よく何か意識をして練習している時にグッドショットを打つ事ができると「今のはできた!」と感じる事があると思います。

この感覚はあまり信じないようにしましょう。「意識していることができた」からグッドショットになったのではなく「グッドショットになったから意識していることができたと感じた」可能性が高いからです。

ゴルフの難しいところですが「意識していることができていてもミスショットになる」事はあり、「意識していることができていなくてもグッドショットになる」事があります

感覚だけで、自分のスイングについてのジャッジをするのはとても危険です。

映像を見ないと本当のところは分からない

スイングを撮影してみないと、真実はわかりません。基本的には、指導者などの人の目をもってしても、撮影したスイング映像を使ったスイング分析にはかないません。ただ、「スムーズ感」とか「雰囲気」など、映像では分からない、人の目だからこそ分かる部分もあります。

〈意識〉⇒〈映像などで客観視〉⇒〈継続〉もしくは〈さらに強く大げさに意識〉※ショットの良し悪しは適度に無視。極力、動きがどうだっだかだけに焦点を当てる

より確実な上達の為の練習は、このサイクルにつきます。感覚を介在させ過ぎないことが重要です。

意識をし続けることが大事

意識していることができているかどうかを、感覚で把握する事が難しいのであれば、「やろうとしている動きを意識し続ける」しかありません。できているかどうかには目もくれず、ただひたすらに、取り入れたい動きを獲得する為に必要な意識を持ち続けて練習するしかありません。

「できているかどうかが分からないのにそのままその練習を続けられない」のであれば、1球1球、スマホで自分のスイングを撮影して、自分の目で確認し続けましょう。

[blogcard url=”https://www.golferssupport.com/2018/04/25/%e5%ad%a6%e7%bf%92%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%af%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%8b%ef%bc%81%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%81%ab%e9%81%a9%e3%81%97%e3%81%9f%e5%ad%a6%e7%bf%92%e6%96%b9%e6%b3%95/] [blogcard url=”https://www.golferssupport.com/2018/04/19/post-436/]