綺麗なカップにカップインするとよりゴルフが楽しい!旗竿の抜き差しに要注意!

ゴルフ エチケットマナー カップの淵を荒らさないようにしよう ルール・マナー

コースラウンドでは必ず旗竿を抜き差しします。2019年からは旗竿を抜かなくてもカップインできるルールに変わるので、必ずではなくなる可能性はありますが……

参考記事:「2019年新しいゴルフ規則が施行される!新しい規則はどういうもの?」

旗竿の抜き差しは慎重に行う

旗竿の抜き差しは慎重に行いましょう。適当に行ってしまうと、旗竿が淵をかすめ、淵の円が荒れてしまいます。抜き差しする人全員が慎重に行わないと、カップの淵が荒れ、カップが綺麗な円でなくなってしまいます。淵が綺麗なカップの方がプレーをしていて気持ちが良いものです。

2019年以降もルールが変わろうと、旗竿がほぼ毎ホール抜き差しされることに変わりはないと思います。この旗竿の抜き差し、意外に大事です。

原則キャディ付きのゴルフ場はいつもカップが綺麗

多くのゴルフ場でプレーのセルフ化が進み、キャディーをつけてプレーするゴルファーは減ってきました。そんな中で、特に名門と呼ばれているゴルフ場ではキャディ付きのプレーが原則です。やはり、原則キャディ付きのゴルフ場はいつ行っても、どのホールも大方カップの淵が荒れていることはありません。方や、原則セルフプレーのゴルフ場は、カップの淵が荒れているホールが多い印象です。

プレーヤー1人1人の心がけ次第でカップの綺麗さは維持できる

プレーヤー全員が慎重に旗竿の抜き差しをするようになれば、毎ホールプレーヤー全員が綺麗な淵のカップでプレーすることができます。

次のパッティングラインの読みや、そのホールの反省は旗竿の抜き差しが終わってからにして、旗竿はゆっくりと慎重に抜き差しするようにしましょう。