安くプレーできるだけじゃない!ゴルフ場の会員権を持つということ

ゴルフコース オンコース

最近はコースのプレー料金も下がり、プレーしやすくなりました。昔の高かったバブルの頃と比べると、かなりの下がり幅です。プレー料金が下がったことも手伝って、ゴルフ場の会員権を所有する必要がなくなってきた、というのが一般的な風潮となっています。

昔は、メンバー料金とビジター料金の差が大きく(特に土日)、メンバーの同伴や紹介がなければ予約できないコースが今以上に多くありました。よって、メンバーになることの意義が今よりもあったといえます。

会員権所有のメリット

プレー代が安くなったとはいえ、休日のプレー代はまだ高いです。しかし、メンバーになると、休日はビジター料金の約半額で利用できます(平日はビジターもメンバーもあまり差がないコースが多いですが)。

予約について。コースによっては“メンバー枠”というものを設けており、メンバー専用に枠を空けておくコースが多いです。当日予約などにも対応するようにしています。

あと、コースの競技に出る事ができます。月例会、理事長杯、クラブチャンピオンシップ、というものですね。この競技は、普段あまり感じない緊張感があり、いつものプレーより1打の重みが大きく、特別なものを感じるイベントです。力をつけたゴルファーは挑戦し甲斐のある舞台ではないでしょうか。

また、コースの練習施設だけを利用することができる、ことが挙げられます。コースでプレーしなくても、練習施設を使っての練習だけをすることができるのです。

パッティンググリーンはだいたいどこのゴルフ場でもありますが、そこでパター練習だけをすることも可能です(無料)。アプローチ練習場があるコースであれば、パターとアプローチが無料で練習することができるということになります(ドライビングレンジはだいたい有料です)。

この「コースでプレーはしなくても練習施設だけ利用できる」というのはとても魅力なメンバーになるメリットです。なぜなら、より一層のゴルフが上達できる環境を獲得したことになるからです。

場所が、自宅から片道1時間のアプローチ練習場付きのゴルフ場の会員権を購入したとしましょう。そこへ行って、1時間アプローチを練習して帰ってこれば計3時間です。

一方、自宅から30分の練習場で2時間練習すると3時間です。

同じ所要時間ですが、どちらが上達できると思いますか?

前者です。

練習時間も球数も、後者の方が多いですが、前者の方が上達できます。それぐらい、コースの練習施設を好きな時に好きなだけ練習できる環境に身を置けるという事は魅力的なのです。

友の会もおすすめ

「高い会員権を買うまでは……」という方は、各コースの「友の会」に入会することを検討してみてはいかがでしょうか。

練習施設だけを利用しに行くことはできませんが、コースによっては土日でもメンバー料金でプレー出来たり、コースの競技に参加できたり、ハンディキャップを取得出来たり、特典が色々あります。※コースによって特典は様々です。

「クラブライフ」を少し味わえると思いますよ。

会員になるとコミュニティーが広がる

これは、会員云々の部分以上に、ゴルフそのもの魅力にもなりますが、会員になるとコミュニティを広げられます。1人で行った時や、競技で一緒の組になることがあるからです。自然とゴルフ仲間が増えます。他のコースに一緒に行くようになったり、ゴルフ旅行に行ったりするようになります。そうやって、ビジネスチャンスの拡大に成功した人も多いです。

 

会員権を購入しメンバーになると、良いことがたくさんあります。単に「安くなる」ことだけがメリットじゃないんです!

ゴルフに浸かりたい方!競技に参加して腕を磨きたい方!ゴルフ仲間を作りたい方!一度、諸条件が自分にあったゴルフ場の会員権購入を検討してみてはいかがでしょうか。