グリッププレッシャーはどの程度が理想的なのか

ゴルフ グリップ グリップ

グリップの形が正しくても、グリッププレッシャー(握りの強さ)が適正でないと、体をスムーズに動かしにくくなります。ただ、そのグリッププレッシャー、どうすることが理想的なのでしょうか。

一般的には強く握りすぎる傾向

腕とクラブの関係をキープしようと、もしくは、強くボールをヒットしょうと強い力でグリップしてしまっているゴルファーは多いです。その方がクラブがぐらつかず、安定した動きをしやすく感じることによるものです。

また、インパクト時、クラブのぐらつきを感じることがあります。そのぐらつきを回避するべく、次第に強い力で握ってしまいやすくなります。

強すぎる力でグリップすると、エラーが色々起こりやすくなりますが、一例を挙げると、体と腕の関係性が崩れてしまいやすいでし、腕の回旋、つまりフェースターンがスムーズに行われなくなります。腕の回旋があってはじめて、フェースの向きは安定します。

次に、インパクト時のクラブのぐらつきについてです。これは、主にミスショットした時に感じるものではないでしょうか。ミスした時に、手の中でのグリップのずれを感じたことがある人は多いと思います。

ただこの場合は、「グリップの握りが弱かったからグリップがずれてミスした」のではなく「ミスしたからクラブが衝撃を吸収しきれずグリップがずれた」というものが真相です。

グリップを強く握り過ぎないよう注意が必要です。

ゆるゆるグリップ?

「強く握るのは良くない」という事はご存知の方も多いと思います。腕の力を抜くため、ですね。そんな中で、握る強さの加減についてよく言われる表現が「できるだけゆるく」「小鳥を掴むように」というものです。結論から言うと、これはよくありません。

なぜかというと、逆に、スイング中、切り返しやインパクト時、急激に手に力を入れる瞬間が出てきてしまうからです。余計「力み」に繋がりやすくなってしまうのです。

「握る」ではなく「持つ」が理想的

「握る」という表現だと、どうしても手を”ギュッ”と強く握ってしまいやすいです。そこで「持つ」というイメージを持つことをお勧めします。

「持つ」だと、”ギュッ”とすることもないでしょうし、ゆるゆるになることもないと思います。適したグリッププレッシャーになりやすいのではないでしょうか。

又、「肘の曲げ伸ばしができて、かつ、両手の平の中に空気が入らないイメージのグリップ」が理想的です。これも強過ぎずゆるゆる過ぎず、適した強さのグリップに繋がります。

グリッププレッシャーについて、人が人に伝えようとする場合、どうしても感覚的表現になってしまいます。「強く握ってはいけないけど、ゆるゆるもダメ」という、「どうすればいんんだよ!」と、ちゃぶ台をひっくり返したくなるような、解釈が難しいものになってしまうのも、感覚的表現にせざるをえないからです。感覚は人それぞれ違いがあるが故、難しいのです。しかし、次に挙げる3つは、グリッププレッシャーについてどなたでもあてはまるべものだと思いますので、チェックしてみて下さい。

・「握る」ではなく「持つ」

・肘の曲げ伸ばしができる

・手の平の中に空気を入れないイメージ

「グリップの形」と「グリッププレッシャー」の両立を目指しましょう!

あと、右手だけやたらと力を抜こうとするゴルファー、多いですね!?

左右のグリップの強さは、左右同圧が基準になります。「左手しっかり右手ゆるゆる」というものは「右手使いすぎ注意」を狙っておきながら、逆に「インパクトで右手使いすぎ」を促進している意識です。この意識を持っているゴルファーは今すぐチェンジ、しましょう。