えっ…… 練習場の打席も平らとは限らない!?

ゴルフ練習場の注意点 練習場

練習場の打席って当たり前のように平らだと感じますよね。しかし、意外にそうではないんです。練習場によっては、もしくは打席によっては、微妙に傾斜が入っているところがあるんです。もちろんこれは意図的にではなく、地盤の問題や、施工の問題だと思います。

ゴルフ練習場の注意点

平らだと思っているにに平らじゃないと……

平らじゃない打席で平らじゃないと知っていて、練習しているのならいいのですが、平らじゃないことに気づかず練習していると、色々不具合があります。

傾斜があるところで構えること、さらにはスイングすることは、平らな時のそれとは、バランスが変わってきます。傾斜に気づくか気づかないか程度の傾斜でもです。

よって、練習場とコースでのスイングが違う、となりやすいのです。ただでえ、練習場とコースで同じようにスイングすることは難しいのに……。

傾斜でまっすぐボールを飛ばす練習をしてしまっては……。

「コースだって、ほとんど傾斜地なのだからそんなの気にしなくていいのでは?」という意見もわかります。ただ、あらゆる”基準をどう把握しておくか”が、ゴルフにおいてとてもとても重要です。

であるにも関わらず、傾斜地だと気づかずに練習して、まっすぐボールを飛ばす練習をしてしまっては、基準を把握することは到底無理です!

傾斜がある練習場で練習せざるをえない時でも、「ここは傾斜地だ」と知った上で練習できると、練習の質は上がります。

足裏で感じようとする

練習打席についたら、打席を歩いてみて下さい。歩いてチェックすることを習慣化すると、傾斜がある打席にあたった時、気付きやすくなります。また、こういった足裏のセンサーを活用することを習慣化すると、コースラウンド時パッティングのラインを読むときに役立ちます。

パッティングでは目だけでなく、足裏を使えるとより正確にラインを読むことができます。

マットの場所によって傾斜があったりなかったりする

例えば、マットの左側(飛球方向側)は傾斜があっても、マットの右側(飛球後方側)は傾斜がない、ということもありえます。その場合は、マットの右側にボールをセットして練習しましょう。左足下がりを練習したいときはマットの左側でも良いですね。

少しのことでスイングは良くなるし悪くもなる

結果、皆さんが普段行っている練習場は全打席平らかもしれません。結果、平らだったとしても、そういう心がけでいることが重要です。スイングつくりにおいても、コースマネージメントの部分でも色々クオリティーが上がってきます。

足裏センサーを鋭敏にさせて、練習場打席の傾斜を見逃さないようにしましょう!