アドレス

球を打つためにクラブを握って構えることです。ゴルフ規則の定義では『プレーヤーがスタンスをとっていたかどうかに関わらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いた時にそのプレーヤーは「球にアドレス」したことになる』となっています。

アドレスは静止していますが、スイングのリズムをつかむ予備的動作としてのワッグルや、テークバックを始めるきっかけとしてのフォワードプレスが重要です。

「グッドアドレスなくしてグッドスイングはありえない」といっても過言ではないぐらい、ゴルフスイングをするにあたり重要なポイントです。