ホール

コースを構成しているひとつの単位を呼ぶのが慣用語になっている。1番ホールとは言っても1番コースとは言わない。また、グリーンに空けられた穴が規則上のホールで、通常、カップという。