ハーフトップ

良いショットとトップ(超低空弾道)の中間の弾道。リーディングエッジ(クラブヘッドの刃、角)がボールの赤道部分の付近に当たるとハーフトップになりやすい。

ドライバーからミドルアイアンぐらいまでのショットでは、良いショットに比べて飛距離が落ちるが、ピッチングウェッジやサンドウェッジなど、ウェッジ系になると、逆に飛距離が出過ぎて、グリーンを狙うショットで出るとグリーンをオーバーしやすい。