ストロング・グリップ

左手の親指をシャフトセンターより右目に重ね、アドレスして上から見たとき指の関節がスクエアグリップの2つより多く見えるグリップのことです。

フェースが自然と返りやすいグリップ。クラブヘッドの大型化により、フェースが返りにくくなってきたため、プロゴルファーの中でもストロンググリップ率が高まってきています。